少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設 1月4週の発表交流会のお知らせ 発表交流会の作品のアップロードの仕方 昔、小学2年生だった生徒が、いつの間にか博士論文など書くようになっていて、「先生、お元気ですか」(笑) ワールドカフェの広がりにに見る個性の時代の教育

記事 3137番  最新の記事 <一つ前の記事  2018/1/17 
これからの子育ては、成績のいい子を育てることではなく、面白い子を育てることを重点に
森川林 2018/01/16 06:23 


 私は、これからの子育てで大事になるのは、もはや学校の成績に表れるような学力をつけることではないと考えています。
 というのは、これまで受験勉強の指導をいろいろしてきて、成績を上げるコツというものがあることがわかってきたからです。
、点数を上げるためには、正しい解法を何度も繰り返して身につけ、それを適用することに慣れるという訓練さえすればよいということがわかってきたのです。

 しかし、そういう単純な方法があるのに、ほとんどの生徒はそのような勉強の仕方をしていません。
 例えば、1冊の薄い参考書や問題集を4回も5回も繰り返し、徹底して自分のものにするという勉強を、多くの子は嫌がります。
 それよりも、次々と新しい参考書を読んだり、新しい問題集を解いたりする方が、勉強をしている気になるからです。

 だから、逆に言えば、正しい勉強法で長時間勉強する仕組みさえ作れば、誰でも成績は上がるのです。
 しかし、そういう成績を上げたところで、その子の本当の学力が向上するわけではありません。
 成績が上がることと真の学力がつくことは、似ていますが実はかなり違うのです。

 今の受験の点数は、勉強のコツとかけた時間に比例して点数が上がるようになっています。
 したがって、今の受験勉強でいわゆる偏差値の高い学校に進んだ子が本当に学力があるかというと、そういうことはありません。
 勉強に時間をかけた子が、いい学校に入ったというだけなので、その子たちが大学生になり、社会人になり、仕事で活躍するようになると、学校の成績とは全く関係のない実力というものがわかってくるのです。

 高学歴の人の特徴は、書類などを渡すとすぐに読んで理解できることと、文章を書くときに誤字がほとんどないことです。
 逆に言えば、それ以外に優れたところはあまりないのです。

 しかし、仕事にはそれ以外のところでさまざまな要素が必要です。
 そのさまざまな要素の総合力になると、学歴の高い低いは全く関係がなくなってくるのです。

 受験勉強の行き過ぎによる成績重視の教育の弊害は、既にあちこちに出てきています。
 日本で一番難しいと言われるような大学を出た人でも、話してみると意外に教養がないと感じられることがよくあります。

 その反対に、そういう学歴を持たない人でも、バランスの取れた的確な判断力や実行力を持っている人がいます。

 昔のことですが、私の父は尋常高等小学校しか出ていませんでしたが、考えることに関しては私はいつも父には負けていると思っていました。
 どこの学校を出たとか、成績がどうだったかということとは、全く関係のない本当の実力と学力の世界とういものがあり、それで世の中は動いているのです。

 ところが、私がそういう話をすると、周囲のほとんどの人は、「そうは言ってもね」というような顔をするので、これまでそういうことをあまりはっきり言うことは控えてきました。そのわりには、言っているかもしれませんが。

 しかし、今世の中で活躍している人たち、つまり社会の先端のところにいるような人たちの声を聞くと、ほとんどの人が、もう今までのような学力ではなく、これからはもっと違う学力が必要になると言っているのです。

 これからの入試は大きく変わってきます。

 単に時間をかけて解法の知識を詰め込んだ子がよい成績を上げるというような試験ではなく、自分らしい考える力を持てる子が評価されるような仕組みになっていいきます。

 その能力とは、抽象的な言葉で言えば創造力ですが、もう少し身近な言葉で言うと、面白い人間であるということです。
 それは、もちろんお笑いの面白さではなく、みんなが考えつかないようなことを考えたり、みんながやらないようなことを一生懸命やったりする、そういう面白さです。

 だから、これからの子育てのいちばんの重点は、面白い子を育てるということになると思っています。


 プレジデントオンラインに、ちょうどこの話に関連するような、成績よりも面白い子という記事が載っていました。

▽早慶生の4割強が「AO・推薦」となるワケ
http://president.jp/articles/-/24158

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 2020年度入試改革(0) 

記事 3136番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/1/17 
少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設
森川林 2018/01/15 10:31 


 言葉の森のオンライン学習は、講師と生徒が1対1で行う形なので、生徒どうしの交流の機会があまりありませんでした。
 そこで、これまでは、生徒の交流の機会を作るためにプレゼン作文発表会などを企画していました。

 しかし、日常的に少人数のクラスが運営できれば、その授業がそのままが子供たちの勉強の意欲につながります。
 そこで、1時間の枠に5、6名の生徒がオンラインで一緒に学ぶ形の新しいオンラインクラスを開設することにしました。
 指導の基本は1対1ですが、課題が共通しているので、生徒どうしのやりとりも勉強のヒントになります。

 こういうスタイルのオンライン学習は、現在どこでもほとんど行われていません。
 その理由は、講師の急な休講などがあったときに、対応できないことが多いからです。

 また、授業で休んだ生徒が、ほかの曜日のクラスに振替で参加するということも、オンラインという形ではなかなかできません。

 幸い、言葉の森は、講師どうしの連携ができるので、これまでの1対1の指導では、休講や振替もほとんど待つことなく対応できました。
 この連携の仕組みを、少人数のオンラインクラスでもできるようにして、オンラインの少人数作文クラス、少人数自主学習クラスを2月からスタートします。

 当面、以下の時間帯にオンラインクラスを受講する生徒を募集します。
 オンラインの学習は初めてという方も多いと思うので、現在受講している人も含めて、新たに無料体験学習の期間を2週間設けます。

 ご希望の方は、言葉の森事務局までご連絡ください。

■作文の少人数オンラインクラス
受講料は、現在の作文の受講料と同じで追加料金はありません。
小123年 木曜 17:00~17:45
小4年   水曜 17:00~17:45
小5年   木曜 19:00~19:45
小6年   月曜 19:00~19:45
※現在、作文の授業を受けている人は、担当の先生が代わります。

■自主学習クラスの少人数オンラインクラス
受講料は、2,160円/月です。
小123年 火曜 17:00~17:45
小4年   月曜 17:00~17:45
小5年   金曜 18:00~18:45
小6年   金曜 19:00~19:45
※自主学習クラスの勉強の内容は、国語・読書は必須、算数・英語は選択。そのほかに暗唱、スタディサプリにも対応します。
※現在、自主学習クラスの授業を受けている人で、新しいオンラインクラスに移動する人は、担当の先生が代わります。

■思考発表クラブの少人数オンラインクラス
受講料は、2,160円/月です。
小123年 火曜 18:00~18:45
      水曜 18:00~18:45
      木曜 18:00~18:45
小456年 月曜 18:00~18:45
      火曜 19:00~19:45
      水曜 19:00~19:45
※人数が定員を超えたクラスは、無料体験学習を待っていただくことがあります。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンライン作文(2) 思考発表クラブ(0) 自主学習クラス(0) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,511件
新着コメント1~10件
英語教育は小学 小2男T
3年生になると英語が学校で始める事に少し 1/16
これからの子育 nane
 日本には、もうこれ以上、ちょっとした秀 1/16
これからの子育 森川林
 昔は、私も、成績の良し悪しが大きな差に 1/16
少人数で一緒に 森川林
 いさきさん、こっちに書いてくれたんです 1/15
少人数で一緒に 23ma
お世話になっております。いさきです。三月 1/15
少人数で一緒に nane
 言葉の森のオンラインの学習指導では、少 1/15
少人数で一緒に 森川林
 オンライン学習というと、これまでは、ビ 1/15
1月4週の発表 nane
 これまでの勉強は、すでにある答えを速く 1/14
1月4週の発表 森川林
 勉強は、詰め込むだけでなく、発散するこ 1/14
昔、小学2年生 nane
 昔、言葉の森に小学校低中学年から来てい 1/13
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■これからの子育ては、成績のいい子を育てることではなく、面白い子を育てることを重点に 1月16日
■少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設 1月15日
■1月4週の発表交流会のお知らせ 1月14日
■発表交流会の作品のアップロードの仕方 1月14日
■昔、小学2年生だった生徒が、いつの間にか博士論文など書くようになっていて、「先生、お元気ですか」(笑) 1月13日
■ワールドカフェの広がりにに見る個性の時代の教育 1月12日
■都立中高一貫校の海外帰国子女枠の入試と、オンライン作文の学習 1月11日
■好奇心や向上心から学ぶ勉強 1月10日
■【合格速報】 国学院大学栃木中学校 1月9日
■稼げる大人になるというよりも、自ら仕事を作れる大人になる――「仮想通貨のあとに来るもの」のつづき 1月9日
■日曜日、20年前の生徒が突然訪問 1月8日
■仮想通貨のあとに来るもの 1月7日
■ネットを活用した参加型の教育を広げる――平成30年の抱負 1月3日
■那須高原の合宿所の壁の塗替え 12月30日
■言葉の森のLINE@スタート 12月26日
■好評につき1月から思考発表クラブの曜日を拡張。(体験学習あり) 12月26日
■思考力とは何か--算数の思考力と読書の思考力 12月26日
■中学受験は、長期的な視野で 12月26日
■課題フォルダのカレンダー 12月26日
■予習シートの配布を1月から(小1~小6) 12月26日
■寺オン交流会の参加の仕方 12/22(金)~12/28(木) 12月26日
■【重要】森リンの再採点 12月26日
■作文の字数配分と時間配分のコツ 12月21日
■森リン、直りました! 12月18日
■12月保護者懇談会(12/18~12/22)の話の内容 12月18日
■12月4週の寺オン合同交流会の取り組みについて 12月14日
■【合格速報】 信州大学附属松本中学校、佛教大学教育学部 12月11日
■来年の夏合宿の企画 12月11日
■子育ての原点を忘れない 12月10日
■遊びと同じように楽しい勉強(Facebookページの記事より) 12月8日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare