記事 3881番  最新の記事 <一つ前の記事  2019/10/15 
大切な3つの時間
森川林 2019/10/14 09:13 

 小学2、3年生でやけに多忙な人がいますが、
 大事なのは、読み、書き、考える時間と、
 自分の好きな勉強や遊びをする時間と、
 一応、学校の勉強をカバーする時間の3つだけと考えておけばいいのです。


 小学生は、最近みんな多忙のようですが、特に、小学校の2年生3年生あたりが、かなり多忙になっているようです。
 何がそれほど忙しいのか分かりませんが、この時期の子供にとって最も大事なものは、第一に読み書き考えるという本質的な学力を育てる時間です。
 これには、読書の時間ももちろん含まれます。

 第二は、自分の好きな勉強や遊びを通して個性を育てる時間です。
 これは、今すぐには役立たないように見えるかもしれませんが、将来最も必要になってくる学力です。

 第三は、一応学校の勉強をカバーしておく時間です。
 これにはそ、れほど時間はかかりません。
 教科書に沿って、基本的な学習を毎日やる習慣がついてさえいればいいからです。

 言葉の森では、これらを、作文読解クラス、創造発表クラス、自主学習クラスとして運営しています。


 先日、「大団円」という本を読みました。
 ここに書かれているのはかなり飛んだ内容ですが、これが何年後かには必ず実現していくと思います。

 そう考えると、子供たちのこれから10年後20年後の未来は大きく変わっているはずです。

 今の世の中の必要から考えるのではなく、10年後、20年後の未来の時点を基準に子育てを考えていくことが大切だと思います。


言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20191014  
 今の大人の世の中は、競争と勝敗で成り立っているので、教育もそこが基準になっています。
 しかし、自然界は、競争と勝敗よりも、棲み分けと共存で成り立っています。
 だから、これからの教育もそうなるのです。


nane 20191014  
 明るい未来のために準備するのを、不安な未来のために準備するのと同じぐらいのウエイトで考えることが大事です。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 

記事 3880番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/10/15 
10月読解検定の問題を本日お送りします
森川林 2019/10/13 06:26 

 10月読解検定を現時点(10/12現在)でお申し込みいただいた方に、本日(10/13)読解検定の問題をお送りします。
 問題文は全部で4文章(各1500字程度)ありますから、あらかじめ読んでおいてください。

 なお、読解検定の申込み受付は10月20日(日)までですので、これから申し込まれる方は、お早めにお申し込みください。
 お申し込みいただいた方には、折返し読解検定の問題文をお送りします。

 10月読解検定の実施日は、10月25日(金)・10月26日(土)・10月27日(日)で、時間はいずれも、18:00~18:45・19:30~20:15です。
 対象学年は、小1~高3で、保護者の方も希望の学年で受検することができます。
 通常の毎月の読解検定は550円ですが、今回は無料で読解検定の体験受検ができます。
 国語力のつく読解検定の体験を希望される方は、ぜひお申し込みください。

▽お申し込みフォーム
https://www.mori7.net/jform_pre.php?f=dks201910


言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20191013  
 今夏の読解検定は、保護者の方も無料で受検できます。
 学年は小1から高3まで希望の学年で結構です。
 この読解検定で、理詰めに解く読解問題とはどういうものかを経験していただくと、入試の国語問題の解き方のコツがわかります。
 ただし、100点を取ることを目標にすることが大事で、半分以上できたからまあいいや(笑)というのでは実力はつきません。

nane 20191013  
 易しい読解問題は、合っていそうなものを選ぶ問題です。
 難しい読解問題は、必ずしも合っているとは言えないものを選ばない問題です。
 だから、理詰めに解く力が必要になるのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読解力(0) 

記事 3879番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/10/15 
国語力はどのようにしてつくか
森川林 2019/10/11 08:52 

 国語力とは、国語というひとつの教科の学力ではなく、
 日本語で読み、書き、考えるという、すべての知的活動に伴って用いられる学力です。
 だから、国語のドリルをやっても国語力はつきません。
 優れた文章を読み、書き、考えることによって初めて国語力はつくのです。


言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20191011  
 国語の教科書を読んでも国語力はつきません。
 国語の授業を聞いても国語力はつきません。
 もちろん、国語の問題集をやっても国語力はつきません。
 これが、他の教科とは違う国語の特性です。


nane 20191011  
 国語力は、読んで、書いて、考えることによってつきます。
 しかし、そういう授業を行っているところはありません。
 それでは、授業にならないからです。
 今のところ、いちばん近い授業を行っているのが言葉の森の作文です。
 どうして、いちばん近いぐらいなのかというと、長文を適当に読み、あまり考えずに、解説を見て書いてしまう子もいるからです(笑)。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
大切な3つの時 nane
 明るい未来のために準備するのを、不安な 10/14
大切な3つの時 森川林
 今の大人の世の中は、競争と勝敗で成り立 10/14
10月読解検定 nane
 易しい読解問題は、合っていそうなものを 10/13
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■大切な3つの時間 10月14日
■10月読解検定の問題を本日お送りします 10月13日
■国語力はどのようにしてつくか 10月11日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。