記事 3978番  最新の記事 <前の記事  2020/1/24
【合格速報】同志社女子中学校
言葉の森事務局 2020/01/24 18:06 
同志社女子中学校  H.N.さん

<担当講師より>

 もともと実力があったので、構成のしかたを中心に説明しました。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合格情報(27) 

記事 3977番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/24
【合格速報】立命館大学理工学部環境都市工学科
言葉の森事務局 2020/01/23 16:26 
立命館大学理工学部環境都市工学科 J.S.さん

<担当講師より>

 小五から取り組んでずっと作文を続けています。卒業まで継続するそうです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合格情報(27) 

記事 3976番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/24
【合格速報】沼津市立沼津高等学校・中等部
言葉の森事務局 2020/01/23 15:27 
沼津市立沼津高等学校・中等部   Y.J.さん

<担当講師より>

 いつもよく考えて書いてくれていたので、本当によかったです。おめでとうございます!

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合格情報(27) 

記事 3975番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/24
オンライン作文クラスはなぜ上達が早いか――発表で育つ学力の個性
森川林 2020/01/22 20:34 

 オンライン作文クラスはなぜ上達が早いかと言うと、皆が必ず作文の準備をしてくるからです。
 その準備の中心は、自分の体験実例や両親への取材です。
 テーマに合わせて具体的な実例を考えてくるので、そのテーマが自分のものになるのです。

 人間は、ただ人から教わっただけのことはすぐに忘れてしまいます。
 しかし、自分が人に教えたことは、ずっと深く自分の中に残ります。
 だから、勉強は教わるよりも教える方が力がつくのです。

 作文の準備の発表は、教える勉強です。
 もちろん、個別指導の時間の中では、先生に教えてもらうことがあります。
 しかし、実力が伸びるのは、自分が準備してきたことを皆の前で発表することによってなのです。

 この準備が更にはっきり出てくるのが、創造発表クラスの発表です。
 自分で研究したり実験したりしたことを、皆の前で発表します。
 その発表の中で、自分の研究した中身が確実に自分のものになるとともに、学力が個性的に成長していきます。

 これからの勉強で大事なことは、この学力の個性です。
 これまでは、国語・数学・英語・理科・社会が満遍なくできることが勉強の目標でした。
 受験のための勉強では総合点が合否の基準ですから、苦手なものが少ないほど合格可能性が高くなるからです。
 そういう時代が長く続いてきたために、親も子も成績を見るとつい悪いところに目が行き、その悪いところをどうにかしようと思ってしまうのです。
 もちろん、欠点は少なくするのに越したことはありません。
 しかし、これからの時代に重要なのは、欠点が少ないことではなく、ダントツの長所があることです。
 それが学力の個性なのです。

 ダントツの長所というと、初めから自分には無理だと思ってしまう人がいるかもしれませんが、それは学力をこれまでの主要教科のようなものとして考えているからです。
 これからの学力は、そういう枠組みに入らないものになります。

 例えば、理科という教科全体ではなく、理科の中でも生物の分野が好きで、その生物の分野の中でも鳥という生き物が好きで、その鳥についての関心の中でも特に鳥を飼うことが好きで、というようにどんどん深く細分化された学力に分かれて行くのです。
 そういう細分化された学力が例えば10通りあり、そして、もう一つ分野でも細分化された学力が10通りあるとすると、その組み合わせは10×10の100通りになります。
 こう考えて行けば、いくつかの学問の分野を組み合わせてダントツの学力セットを持つということは、誰にとっても十分に可能なことになるのです。

 そして、個性的な学力を持つことの利点は、ただ仕事に役立つというだけでなく、その学力をさらに伸ばすことが自分の楽しみになるというところにあります。
 現在は、東大の推薦入試や京大の特色入試だけが個性的な学力の受け皿になっていますが、これからの先進的な大学や会社は、すべてこの方向に進みます。

 全教科がオールマイティにできるというだけの学力は、AIの学力と変わりません。
 将来の入試は、辞書持ち込み可、スマホ持ち込み可になるか、あるいは入試そのものがなくなるでしょう。
 学力の個性を持ち、それを伸ばしていく意欲さえあれば、他人からの評価は二義的なものになるからです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺オン作文クラス(2) 

記事 3974番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/24
2.1週の授業の動画
森川林 2020/01/21 20:42 

小1から中1までの2.1の授業の動画を、鳥の村の資料室にアップロードしました。

▼創造発表クラス・せいかつ文化コース向けの動画
「おはしの持ち方」「節分のお面づくり」ほか
https://youtu.be/tQ4SXQrZhXk

▼プレ受験コース向けの動画
「食品ロス」「詩の言葉」
https://youtu.be/fD5Ck3bDyhs

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 
新着コメント1~3件
作文を上達させ nane
 読書力と作文力の間には、高い相関があり 1/21
作文を上達させ 森川林
 作文を上達させる方法と、うまく書かせる 1/21
プログラミング nane
 言葉の森の通学教室の卒業生の結構多くの 1/15
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【合格速報】同志社女子中学校 1月24日
■【合格速報】立命館大学理工学部環境都市工学科 1月23日
■【合格速報】沼津市立沼津高等学校・中等部 1月23日
■オンライン作文クラスはなぜ上達が早いか――発表で育つ学力の個性 1月22日
■2.1週の授業の動画 1月21日
■【合格速報】聖母学院中学校 1月21日
■作文を上達させるコツ 1月21日
■1月の読解検定の問題と解答用紙を本日発送しました 1月17日
■1.3週の授業の動画 1月15日
■プログラミング教育の目標は、ウェブ作成とデータベース 1月15日
■【合格速報】聖心女子学院初等科 1月14日
■日本一のオンラインスクールを目指して 1月13日
■低価格で高機能のノートパソコン 1月13日
■1.2週の授業の動画――こまりものの大型ネズミ、ヌートリアって 1月10日
■【合格速報】清泉女学院中学校 1月8日
■未来の社会と仕事を考えた未来の教育 1月8日
■1.1週の授業の動画をアップロードしました 1月4日
■令和二年 新しい年に向けて 1月1日
■これからの勉強はどういうものになるか――教育改革のもっと先の話 12月31日
■小さな一歩が大事 12月28日
■復旧しました(【至急】現在mori7.netが接続できない状態です) 12月27日
■【合格速報】中央大学附属中学校  12月24日
■国語ドリルでは国語力はつかない 12月23日
■【合格速報】東京女子大学 12月23日
■【合格速報】広尾学園高校インターナショナルコース編入 12月23日
■【合格速報】相模女子大学学芸学部子ども教育学科 12月23日
■勉強の面白さを知る理科実験と観察と工作 12月20日
■公立中高一貫校受験の小6生が、冬休みから使える仕上げ教材 12月19日
■これからの大学の国語入試の方向 12月18日
■全く書けなかった記述の問題が楽に書けるようになった――作文の教え方2 12月17日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。