記事 3514番  最新の記事 <一つ前の記事  2019/1/24 
寺子屋オンライン案内を新しくしました――面白いからやる勉強を目指して
森川林 2019/01/23 09:53 

 「寺子屋オンライン案内」、「寺オン作文案内」、「発表学習案内」、そして、「親子作文」のページを新しくしました。
 大きな変更があったのは、googleコミュニティを使わずに、生徒掲示板「鳥の村」を使うようにしたたことです。
 これは、googleコミュニティが4月から廃止になることがきまったためです。

 しかし、「鳥の村」のように自前の掲示板を利用すると、動画などの重いファイルはアップロードしにくくなるので、googleフォトなどのクラウドサービスを使って、そのリンクを貼ってもらうようにしました。
 そのちょっとした手直しですが、小さな変更箇所があちこちにあり、直しているうちにほかの直したいところも出てきて、次々に直しているうちにスクリプトエラーになったりそれをまた直したりということを繰り返して、かなり時間がかかってしまいました。

 まだ手直しは途中で、このあと、「自主学習コース」の内容を編集する予定です。
 そのあと、寺オン講師育成講座に関連する仕事でたまっていることをやる予定です。
 いろいろお待ちいただいている方も多いと思いますが、もうしばらくお待ちください。

 さて、寺子屋オンラインの関係のページを直しながら思ったことは、オンラインで少人数で学習する仕組みというのは、これからの時代の教育を考えるうえで、やはり大きな可能性を持っているということです。

 今、アクティブ・ラーニングに取り組むところが増えていますが、アクティブ・ラーニングは、参加する生徒が積極的で創造的でないと、ただの遊びのような集まりになってしまいます。
 また、一緒に行う人数が多すぎると、一人ひとりがただのパソコンを使うだけの授業のようなものになってしまいます。

 これを克服するのが、少人数で必ず全員が発表し感想を述べることができるような形の運営をすることです。
 まだこういうやり方をしているところはほとんどないと思うので、言葉の森も試行錯誤中ですが、大体の見通しがついてきたので、今後よりよい運営をしていけると思っています。

 発表型の学習のどこに可能性があるかというと、個々人がいくらでもレベルの高い個性的な学習ができるというところです。
 これがもし、教わる形の学習であると、それが一斉指導であれ個別指導であれ、低学年のときはその方がずっと能率がよいのですが、高学年になってくるとレベルを高めることが難しくなってくるのです。

 想像してみるとわかりますが、どんな教科の勉強でも、生徒が中学生になっても高校生になっても、みんなが目を輝かすような授業のできる先生というのはごく限られています。
 すると、そういう魅力のある授業でレベルを高めるかわりに、解きにくい難問を解くような方向に進んでしまうのです。
 入試問題を使えば、そういう難問には事欠きませんから、優れた子の多い優れたクラスほど、みんなが同じような難問を解く方向に向かうのです。

 それは、勉強というものの本来の姿ではありません。
 もちろん解きにくい問題を解くというのは、人間の知的好奇心をかきたてますから、それはそれで面白いのですが、それが答えのある与えられた問題であり、結局みんなの行き着く先は同じだというところに限界があります。
 その限界を意識しないで済むように、時間制限と点数があり、その点数を比較してやる気を高めるような仕組みになってしまうのです。

 本来の勉強というのは、面白いからやるというものです。
 その面白い勉強をする土台を作るために、言葉の森では、寺オン作文や発表学習のようなオンラインの発表型の勉強を広げていきたいと思っています。

▽寺子屋オンライン案内
https://www.mori7.net/teraon/
▽寺オン作文クラス案内
https://www.mori7.net/teraon/ts/
▽発表学習クラス案内
https://www.mori7.net/teraon/hg/
▽自主学習コース案内(編集中 2019/1/23現在))
https://www.mori7.net/teraon/jg/

この記事へのコメントは、facebookグループでも受け付けています。
最初にコメントをされる方は、記事のURLも入れておいてください。
寺子屋オンライン(主に生徒・保護者・一般の方用)
森林プロジェクト(主に講師・森プロ講師・一般の方用)

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190123  
 優れた学者には、高校生のころに何かの学問に感動したという経験があるようです。
 それはもちろん学者に限りません。人が何か新しいことに挑戦したいと思うときは、そこに感動があります。
 しかし、感動というのは、人が与えてくれるのを待っているものではありません。
 自分から進んで行動したときに、そこに感動が生まれる機会があるのです。


nane 20190123  
 寺オン作文クラスと発表学習クラスの案内の編集が終わったので、あとは、自主学習コースの編集です。
 自主学習コースの原理は、今アメリカで急速に広がっている(らしい)ブレンディッドラーニングと同じでした。
 このブレンディッドラーニング、別の言葉で言えば「オンオフ学習」あたりになると思いますが、これがこれからの教育の主流になると思います。
 すると、学校でも、大手塾でも、中小塾でも、どこでもブレンディッドラーニングで教育を行うようになります。
 また、学校や塾に行かずに、自宅でブレンディッドラーニングをやるという家庭や家庭の集まりも出てくるでしょう。
 この場合、ネットに広がる世界はどこでも同じですから、リアルな教室が差を出すことは難しくなります。
 どこに行ってもオンラインで同じような充実した勉強ができるとなれば、違いは、ランド&ブラッドになります。
 つまり、気持ちのいい場所で、仲のいい友達と勉強ができるということが、最も重要になってくるのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) アクティブ・ラーニング(0) 

記事 3513番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/1/24 
暗唱のコツ、友達と一緒に暗唱、小4以上は英語の暗唱も
森川林 2019/01/22 06:15 

 暗唱は、作文力を高め、思考力を深めます。
 その暗唱について、三つの話をします。

 第一は、暗唱のコツです。
 よく、若いときでないと暗唱できないとか、小さい子の方がよく暗唱できるとか言いますが、その差は年齢にあるのではありません。
 暗唱というものの考え方にあるのです。

 小さい子は、音読を繰り返すので、すぐに暗唱できるようになります。
 学年が上がり、知識がついてくると、文章を覚えようとしてしまうのです。
 覚えるということは、思い出そうとすることです。すると、思い出すことが癖になり、暗唱の練習ではなく思い出す練習になってしまうのです。

 暗唱というのは、最初の一読目が大事です。
 一回目の読みで読み間違えると、その読み間違いが癖になり、いつもその箇所で読み間違いをするようになります。インプリンティングというものに似ています。
 だから、最初はゆっくりていねいに、読み間違いがないように読んでいく必要があるのです。
 しかし、間違いなく正確に読めるようになったら、今度はできるだけ速く読むようにするのです。

 人間の理解力はかなりスピードがあります。どんなに速く読んでも、内容についていけないということはありません。
 そして、できるだけ速く読むことによって、文章が一文一文のつながりでなく、まるごと一つながりのものとして頭に入ってくるのです。
 こうなると、道を歩いていて、ふとそのフレーズが頭に浮かぶということも出てきます。作文を書くときも、自然にいいリズムがやいい表現が思い浮かぶというようになるのです。
 それは、ただ表現が思い浮かぶということだけではありません。その文章の考え方やものの見方も同時に思い浮かぶのです。
 暗唱によって、作文力も思考力もつくというのは、こういう理由からです。

 このできるだけ速く読むというのは、特に百人一首の暗唱のときなどに必要になります。
 というのは、かなり多くの生徒が、この百人一首の暗唱でつまずいているからです。
 そのつまずきのいちばんの要因は、次の句を思い出そうとすることにあります。
 暗唱とは、覚えたり思い出したりすることではなく、繰り返し音読することだという点をしっかり確認して取り組む必要があります。

 そのできるだけ速く読むということについて、とても参考になる作文があったので、紹介します。
 小学5年生の作文の一部です。
====
……
 僕は、繰り返すことに時間をかけたことがある。それは、暗唱だ。最初は、「雨二モマケズ」を繰り返し読んでいるうちに覚えてしまった。なぜ始めたのかというと暗唱検定ができたからと、覚えるのが楽しかったからだ。
 難しい言葉もあるが、つながった文章のものは、まるで早口言葉のように読んで覚えていった。むしろ早口の方がいい。百人一首は、一句一句につながりないため覚えきれないで苦戦した。どうしたら上手く覚えられるかしばらく考えて、いい案を思いついた。百人一首には一句一句つながりがないから句と句の間で息継ぎせずに句の途中で息継ぎをするようにした。すると全部を暗唱することができた。
====

 朗読と暗唱は、似ているが違うものです。
 朗読を繰り返しているうちに暗唱ができるようになるというのは、かなり時間がかかります。

 しかし、覚えることと暗唱することも、似ているが違うものです。
 暗唱とは、ただ早口で繰り返し音読することです。
 そして、その文章がまるごと自分のものになってから、ゆっくり味わうという読み方をしていくといいのです。
(つづく)

この記事へのコメントは、facebookグループでも受け付けています。
最初にコメントをされる方は、記事のURLも入れておいてください。
寺子屋オンライン(主に生徒・保護者・一般の方用)
森林プロジェクト(主に講師・森プロ講師・一般の方用)

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190122  
 暗唱が作文に役立つというのは、いくつも例があります。
 生徒の場合は、長文を何度も音読しているうちに、その長文の表現が自然に自分の作文の中に生きてくるということがあります。
 いろいろな文章を音読し暗唱していると、どんなテーマが与えられても、それに関連したそれまでに読んだ文章が思い浮かべられるので、そこを出発点にして作文を書き始めることができるのです。


nane 20190122  
 言葉の森の暗唱練習の特徴は、説明文の古典も含めた高度な暗唱文が多いこと、暗唱検定という目標があること、少人数クラスで暗唱ができるので楽に続けられること、暗唱の手順や方法がはっきりしていることにあります。それに加えて、今後は小4以上の英語暗唱にも力を入れていきたいと思っています。中学生で英語の知識的な勉強を始めるまえに、小4からまるごと英語の文章を覚えてしまうようにするのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
寺子屋オンライ nane
 寺オン作文クラスと発表学習クラスの案内 1/23
寺子屋オンライ 森川林
 優れた学者には、高校生のころに何かの学 1/23
暗唱のコツ、友 nane
 言葉の森の暗唱練習の特徴は、説明文の古 1/22
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■寺子屋オンライン案内を新しくしました――面白いからやる勉強を目指して 1月23日
■暗唱のコツ、友達と一緒に暗唱、小4以上は英語の暗唱も 1月22日
■生徒用掲示板「鳥の村」と、講師用掲示板「虹の谷」ができました 1月21日
■一生の宝となる独学力を育てる勉強 1月20日
■小1の勉強スタイルがその後の小学校生活の大事な基礎になる――小1から始めるオンライン作文 1月18日
■先生にに教わると勉強になるが、友達に教わると遊びになる 1月17日
■難しい感想文の課題もみんなの前で発表すれば楽しくできる 1月16日
■【合格速報】海城中学校・聖光学院中学校 1月16日
■【合格速報】山形大学附属小学校 1月16日
■プロとアマの違いは無理をして頑張ったことがあるかどうか 1月16日
■読解検定委員会のお知らせ 1月15日
■1.4週の寺子屋オンラインの授業の動画アップロードしました 1月14日
■作文検定と読解検定 1月14日
■コミュニケーション力を育てる発表型の学習【動画】 1月13日
■読む方も聞く方も勉強になる作文発表(小4・小5の作文発表)【動画】 1月12日
■言い方のニュアンスに日本文化がある 1月12日
■寺子屋オンラインクラスの小学生1.3週の授業の動画をアップロードしました 1月11日
■「『作文下手な日本人』が生まれる歴史的な必然」を読んで 1月11日
■読むだけで作文小論文の受験対策に 1月10日
■小学校低学年で始めるほど効果の高い勉強 1月9日
■これからの教育モデルは、オンラインの寺子屋教育 1月8日
■1.2週の授業の動画をアップロード 1月7日
■新しい形の勉強、寺子屋オンライン学習のおすすめ 1月7日
■新しい推薦インターンシップ制で費用負担のない講座受講が可能に 1月6日
■寺オン講師育成講座のビデオ視聴開始、インターンシップ制による見学・実習の受付開始 1月5日
■ホームページを作り直し中――「google+コミュニティ」から「鳥の村」へ 1月5日
■オンライン教育の要は不便さにある 1月4日
■作文試験の進化の方向(その1) 1月3日
■作文の書き出しの工夫は、情景の書き出しで 1月2日
■新年明けましておめでとうございます 1月1日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare