記事 3934番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/5
発表と質問感想で勉強が進むオンラインの作文クラス――新しいオンライン教育2
森川林 2019/12/03 09:57 

 オンラインの作文クラスは、少人数の生徒が全員が参加できる形で作文の予習の発表をし、オンラインで作文の実習をし、併せて先生が個別指導も行うクラスです。

 発表の時間や質問感想の時間もあるので、個別指導の時間は電話指導のときよりも短くなりますが、事前指導は動画で見てもらうようにして、事後の添削講評の話だけをするので、それほど時間はかかりません。

 通常の電話指導の場合は、事前指導の時間が長くなりますが、その事前指導のほとんどは課題の説明になるので、それは動画で見てもらった方が合理的なのです。

 大事なのは、事前の予習です。
 あらかじめ課題を見て似た話を考え、両親に取材し、材料を準備してきます。
 その準備を発表するのが予習の発表です。

 予習の発表の時間は、1人2分です。
 その予習の発表のあと、ほかの人からの質問や感想を聞きます。
 質問や感想を言うためには、それぞれの予習の発表をよく聞いていなければなりません。
 これが、聞き取る力を育てることに役立っていると思います。

 中高生になると文章力のある生徒は、特に準備をしなくても、課題のヒントを読み、そのヒントに沿って作文を書いてしまいますが、それでは本当の力はつきません。
 予習を発表するとなると、ただヒントを見ただけでは、自分のオリジナルな話はできませんから、どうしても、自分なりに解釈した話や集めた材料を準備してくることになります。
 その準備の段階で力がつくのです。

 オンラインの作文では、45分間の時間がありますから、その時間の中で15分程度の作文実習の時間が取れます。
 通常の電話指導だと、先生の電話説明のあと、一休みしてあとで作文を書こうという生徒も出てきます。いったんこういう習慣がついてしまうと、作文を書くというのは負担の大きい勉強なので後回しにすることが常態化してきます。
 リアルな教室で作文を書くように、その場で書くということが大事なのです。

 作文の実習を全員が一斉にしている間、先生が一人ひとりの生徒を別の部屋(Zoom会議室の別の部屋でブレークアウトルームと言います)に呼んで、前回の作文の講評を話します。

 全員の個別指導が終わると、作文の実習はいったん中断して、全員の読書紹介を行います。
 読書紹介も、持ち時間は1人2分です。
 低中学年の生徒は、その本でいちばん面白かったところを中心に話してもらいます。あらすじまで話すと、話が長くなってしまうからです。
 しかし、高学年の生徒の中には、短い時間でうまく全体の内容まで説明する子もいます。

 この読書紹介のあとも、質問と感想を話してもらいます。
 ここで、「同じ本を読んだことがある」とか、「その本を読みたい」とかいう話がよく出てきます。
 ほかの人の読んでいる本に刺激を受けて、自分も同じ本を読んだということもときどきあります。

 子供の読書習慣をつけるために、有料の習い事があるようですが、読書好きの子はたぶんそういうところには行きません。
 自分が本を読むのが楽しいから読んでいるだけで、わざわざ本を読むために何かのイベントに参加するということはしないからです。
 読書好きな子にとっていちばんいいのは、手軽にできる読書紹介と質問感想です。

 作文クラスは、電話通信のクラスもオンラインのクラスも、4週目には読解問題が2問できるようになっています。

 また、4週目の清書をパソコンで入力すると、自動採点ソフトによる「森リン」の点数が出ます。
 小学6年生以上、中学生、高校生になると、この森リンの点数が勉強のひとつの目標になってきます。

▽前の記事
新しいオンライン教育――人間の触れ合いのあるオンラインがリアルな教育を超える
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

コメント欄

森川林 2019年12月3日 10時9分  
 作文はどこで上達するかというと、いい文章を書こうと思うことで上達するのです。
 それがほとんどすべてです。
 ただし、自分の書いた作文は自分では評価できないので、そこで他人の評価が必要になってきます。
 しかし、他人の評価は年がら年中必要なわけではありません。
 たまに的確なアドバイスを受ければそれで十分なのです。


nane 2019年12月3日 10時15分  
 学力には、一夜漬けでできるものとできないものとがあります。
 定期テストのような学力は、一夜漬けで間に合います。
 数学や英語なども、1か月集中して勉強すれば見違えるほど成績が上がります。
 しかし、作文だけは一夜漬けは効きません。
 だから、将来、入試が本格的に行われるようになると、作文と面接が中心になってくると思います。
 それぐらい、作文力は本当の学力と結びついているのです。


コメントフォーム
発表と質問感想で勉強が進むオンラインの作文クラス――新しいオンライン教育2 森川林 20191203 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
きくけこ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「きくけこ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
港南台の通学教 メグ
 昨日、初めてオンラインクラスに参加した 6/4
オンライン教育 森川林
 まえ先生、ありがとうございます。ああい 6/3
オンライン教育 まえ
朝オン、子供たちの力に驚かされることばか 6/2
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■午前9時からの「森のオンラインスクール」が6月から始まりました 6月4日
■港南台の通学教室を、全面的に通学オンラインクラスに 6月3日
■オンライン教育は少人数クラスと結びついて初めて効果を発揮する 6月1日
■風邪の中をプログラミング 5月31日
■「プロに聞く『子どもの作文力」劇的に上げる方法』」の記事 5月27日
■【重要連絡】6月以降の「朝のオンラインスクール」の学習について 5月18日
■【重要】Zoomのブレークアウトルームがビジー状態で使えない場合の対応 5月15日
■言葉の森が考える新しい教育の可能性 5月13日
■【至急重要】講師のZoomにパスワードが設定されていますが 5月11日
■朝のオンラインスクールが5月7日から始まります 5月6日
■鳥の村の資料室に、小1~中3、プレ受験作文の解説をいれました 5月5日
■創造発表祭(無料)、5月2日から6日まで連日開催 5月2日
■創造発表祭の参加お申し込みで、5月1日10:25以前にご送信いただいた方は再度ご送信お願いいたします 5月1日
■創造発表祭(無料)、連休中の5月2日~6日、連日開催 4月30日
■明日オン4/28で終了、4/29~5/1休み、5/2~5/6午後3時創造発表祭(無料)、5/7~新朝オン再開、その後休校解除後も午前中の朝オンは継続 4月28日
■オンライン創造発表祭(参加無料)、連休中5月2日~6日連日開催 4月23日
■一斉指導学習から個別確認学習へ――新しいオンライン学習の仕組み 4月18日
■学校や家庭で導入するパソコンは、現状ではクロームブックやiPadでないものを 4月17日
■新型コロナウイルスとこれからの社会の提案 4月15日
■明日のオンラインスクールで、平日20:00から保護者懇談室、20:30から講師懇談室を開きます 4月12日
■【重要】初めて明日オンに参加される方は、最初に初心者クラス(無料)にご参加ください 4月10日
■【重要】明日のオンラインスクールでの勉強の仕方【動画】 4月8日
■【至急】「明日オン」の4月6日(月)の登録又は取消は、お電話又は質問掲示板で 4月6日
■【至急】明日オンの19時以降の送信ができないままでしたm(_ _)m――直り次第ご連絡します 4月6日
■学校の休校対応、小1~中1の全教科の対話型学習「明日のオンラインスクール」受け付け開始 4月5日
■自主学習という勉強の仕方 4月4日
■新年度からのオンラインスクールを新方式で運営――オンライン講師説明相談会を開催 4月1日
■【重要】作文画像のアップロードの仕方の変更――やりやすくなりました 3月31日
■言葉の森の目指す教育改革と新しいオンライン学習 3月30日
■プログラミングや英語は手段。目的は…… 3月30日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。