ゲストさん ログイン  ログアウト 登録
オンラインスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4275番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/7/29
オンライン夏期講習で、国語記述の講座
森川林 2021/07/16 13:59 

●動画:https://youtu.be/C8f4xkV4K7o

 今年のオンライン夏期講習では、国語総合の講座のほかに、記述の講座を作りました。

 国語総合の講座は、主に読解力をつける学習をしていきます。
 読解の勉強の仕方は、問題集読書の問題文を読んで内容を理解することです。
 毎回、先生がその問題文の内容に沿った質問をします。

 国語の勉強というと、問題集の問題を解くような形の勉強をする人が多いと思います。
 しかし、それでは力はつきません。
 力がつかないばかりか、時間だけがかかってしまうのです。

 読解の勉強の本質は、読むことです。
 読んで内容を理解することができれば、あとは設問を解く解き方のコツを身につけるだけです。

 ところが国語問題集の問題を解いていると、勉強をしているような気はしますが、結局は、「当たった」「外れた」の世界になり、なぜそうなのかということを考えることをしなくなります。

 国語総合の講座では、この読解の学習を中心にやっていきます。
 勉強の基本は、先生の解説ではなく、生徒の自学自習です。
 自学自習の中身を先生が確認し、アドバイスをします。


 ところで、国語読解の練習だけでは、最近多くなってきた記述の学習には対応できません。
 そこで、今回の夏期講習では、記述の練習を入れることにしました。
 教材は、ややむずかしい国語の問題の長文です。

 基本の勉強は、2つあります。
 第一は、問題と解答を読んで、記述の答えの書き方を理解することです。
 記述のための基礎学力をつけるには、模範解答を読むことが第一です。
 世間でよく行われている勉強法は、基礎学力がないまま記述問題をさせて、評価をすることです。
 これで、いい評価をもらっても、悪い評価をもらっても、どこをどう改善すればいいのかがわかりません。

 記述問題の練習をする際のもうひとつのポイントは、対比を考えて書くことです。
 しかし、これは、夏期講習では難しく感じる子も多いと思うので、今回の夏期講習では行いません。

 記述の勉強の第二は、長文を読んで要約をすることです。
 言葉の森の要約の仕方は、大事なところを3か所選びそれを150字にまとめる方法です。
 要約を難しく考える生徒が多く、小学6年生で約半数の子が、要約ができないと言われていますが、この三文抜き書きの方法であれば、誰でも要約ができるようになります。

 記述の練習も、読解の練習と同じように、量をこなすことが大事です。
 何度も練習を繰り返す中で、自然に要約が上手になっていきます。

 上手になったかどうかは、使う消しゴムの量によってある程度わかります。
 要約の練習に慣れてきた子は、ほとんど消しゴムを使いません。

 ところで、要約の勉強の苦手な子が多いのは、練習量が少ないまま、いろいろ注文をつけられるからです。
 これは作文でも同じです。
 欠点を直して上手になる子はいません。
 いるとしても、それはその欠点が直った分だけ、普通の文を書けるようになったのにすぎません。
 欠点を直す指導法では、それ以上のことはできません。
 しかし、そういう指導法で作文指導を行う先生や親がとても多いのです。
 これが、小学生の作文嫌いのいちばんの原因になっています。
 作文を上達させるためには、まず読む力をつけること、そして次は書く練習を続けることです。
 どう書いたらいいかは、言葉の森の項目指導を参考にしてください。

 なお、オンライン夏期講習の国語と記述の講座は下記のクラス一覧表を参考にしてください。

国語・記述
作文が苦手な子も、すぐに書けるようになる。得意な子は、更に受験作文小論文に対応する力がつく。作文指導40年、オンラインで学ぶ作文小論文。オンライン夏期講習3コマ無料キャンペーン中!
小学生から作文力をつける  夏期講習3コマ無料! 1クラスの定員5名。個別指導のあるオンライン教育。
 

コメント欄

森川林 2021年7月18日 6時14分  
 記述の練習で、方法論を示したものを見たことがありません。
 どこでも、ただ書かせて添削するだけです。
 だから、採点についてもはっきりした基準があるわけではありません。
 かなり主観的に評価されているのです。

 それは、一昔前の(今でもかなりそうですが)作文指導と似ています。
 作文を書くための方法論がなく、したがって評価もすべて主観的に行われていたのです。

 記述の方法は、対立する状態を想定して書くということです。
 これで書くための輪郭がかなりはっきりします。
 そして、あとは書きなれることなのです。

 作文がよく書ける子は、記述も苦になりません。
 考えたことを指定の字数にまとめるというのは、いつもやっていることなので、特に難しいことではないのです。

 ところで、今回のオンライン夏期講習の記述講座では、「対比して書く」というところまではやりません。
 第一は、記述の解答の仕方に慣れるということをします。
 第二は、指定の字数にすばやく要約する練習をします。
 対象は、小学5、6年生です。


nane 2021年7月18日 6時23分  
 記述力の本質は、思考力と文章表現力です。
 記述力のない子は、わかっていることでも上手に書けず、△になります。
 記述力のある子は、わかっていないことでも上手に書いて、◎になります。
 だから、本当は記述力の試験はやる必要がないのです。
 やるべきなのは、長時間の口頭試問か、1200字程度の長い字数の作文です。
 しかし、口頭試問も作文も、実際にはやるのが難しいので、お茶を濁すために記述の問題を出しているのです。


コメントフォーム
オンライン夏期講習で、国語記述の講座 森川林 20210716 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
むめもや (スパム投稿を防ぐために五十音表の「むめもや」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~10件
オンラインとい 森川林
 大事なのは、オンラインそのものではなく 7/24

オンライン5人 nane
 「オンライン5人クラス」というのは、教 7/22

オンライン5人 森川林
 オンライン5人クラスの5人というのは、 7/22

お散歩 森川林
 ありがとうございます。  いつも、何 7/22

お散歩 auso
リードが可愛かったです。また何かカメラ目 7/22

他人がつける成 nane
 子供が低い評価を受けたら、それは相手に 7/21

他人がつける成 森川林
 子供が受験生だと、子供以上に親が緊張し 7/21

夏期講習でも行 nane
 リアルな教室で参加者どうしが親しくなる 7/20

夏期講習でも行 森川林
 オンラインセミナーとか、オンラインホー 7/20

久しぶりの更新 森川林
 久しぶりにゆめが登場(笑)。  階段 7/18

……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■頭をよくする勉強は、国語、作文、暗唱、読書など、要するに言葉を豊かにする勉強 7月28日

■頭がいいということ 7月28日

■オンラインクラスの授業の動画 7月27日

■黄金比 7月27日

■言葉の森の「オンライン5人クラス」の学習と、ほかのオンライン学習との違い 7月27日

……前の5件
RSS
RSSフィード

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
講師のブログ
代表プロフィール
森川林日記
中根facebook

Zoomサインイン
ソースネクスト





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。