記事 3962番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/20
1.1週の授業の動画をアップロードしました
森川林 2020/01/04 17:29 

 1.1週の授業の動画を、鳥の村の資料室にアップロードしました。

 創造発表クラスのせいかつ文化コースの資料は、「おせち料理」「七草がゆ」「雨粒の大きさを測る実験」などです。

 作文読解クラスのプレ受験コースの資料は、「培養肉・代替肉について」「悩んでいる友達にどうアドバイスするか」(大田市立大田中2016年の入試問題)などです。

 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 

コメント欄

コメントフォーム
1.1週の授業の動画をアップロードしました 森川林 20200104 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
たちつて (スパム投稿を防ぐために五十音表の「たちつて」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
親子の対話は、 nane
 子供の思考力を伸ばすのは、読書と対話で 2/19
親子の対話は、 森川林
 お父さんやお母さんは忙しいので、子供の 2/19
高校入試小論文 野獣先輩
わかりやすスギイ 2/17
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■令和二年 新しい年に向けて 1月1日
■これからの勉強はどういうものになるか――教育改革のもっと先の話 12月31日
■小さな一歩が大事 12月28日
■復旧しました(【至急】現在mori7.netが接続できない状態です) 12月27日
■【合格速報】中央大学附属中学校  12月24日
■国語ドリルでは国語力はつかない 12月23日
■【合格速報】東京女子大学 12月23日
■【合格速報】広尾学園高校インターナショナルコース編入 12月23日
■【合格速報】相模女子大学学芸学部子ども教育学科 12月23日
■勉強の面白さを知る理科実験と観察と工作 12月20日
■公立中高一貫校受験の小6生が、冬休みから使える仕上げ教材 12月19日
■これからの大学の国語入試の方向 12月18日
■全く書けなかった記述の問題が楽に書けるようになった――作文の教え方2 12月17日
■自主学習クラス12月保護者懇談会資料 12月16日
■オンラインクラスの12.4週の発表会について 12月16日
■個別の電話指導がある通信の作文 12月16日
■全く書けなかった記述の問題が楽に書けるようになった――作文の教え方1 12月15日
■受験作文コースの生徒対象――志望理由書1回無料添削(再掲) 12月14日
■12.2週、及び12.3週の授業の資料をアップロードしました 12月13日
■学校に行かない子も活用できる自主学習クラス 12月13日
■勉強の能率を上げ、生徒どうしの交流を生かす自主学習クラス――新しいオンライン教育4 12月12日
■【合格速報】関西学院大学理工学部生命医化学科 12月10日
■20年以上前の生徒の作文が載っている「作文の丘から」 12月10日
■12.2週のプレ受験コースの課題アップロード 12月9日
■新しい読解練習の方法――間違えた理由を文章として書かせる 12月9日
■創造力、思考力、発表力などの見えない本当の学力を育てる創造発表クラス――新しいオンライン教育3 12月6日
■読解力低下の原因と対策 12月4日
■発表と質問感想で勉強が進むオンラインの作文クラス――新しいオンライン教育2 12月3日
■新しいオンライン教育――人間の触れ合いのあるオンラインがリアルな教育を超える 12月2日
■読解力は、読む力と解く力の足し算 11月30日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。