記事 4103番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/10/27
夏のオンラインスクール開講、申し込み受け付け中
森川林 2020/07/02 18:08 

 夏休み期間中、子供たちの学習と交流を両立させる試みとして夏のオンラインスクールを開催します。
 その代わりに2020年のサマーキャンプはありません。

 夏のオンラインスクール(以下夏オン)は、4月から7月の学習の総まとめを友達どうしの交流のあるオンラインの少人数クラスで行います。

●少人数オンライン学習の特徴

 学校や塾で行われる授業は、先生の講義を一方的に聞く形のものが多く、生徒一人ひとりが発言する機会はなかなかありません。
 これは、学校や塾のオンライン授業でも同様です。

 これに対して、夏オンは、オンライン教育でありながら、
(1)定着度の高い紙ベースの自主学習
(2)生徒一人ひとりに対する個別指導
(3)生徒どうしの発表や交流
を実現する全く新しい形のオンライン学習です。

 今後コロナウイルス第二波が発生し、通学形式の学習が十分に行われなくなった場合でも、通学型の授業以上の学習密度と子供たちの参加意欲を引き出す教育になります。

 今回の夏オンは小1から小6の学習をカバーするとともに、小5小6の公立中高一貫校受験希望者向けの受験対策のコースも併せて設置しています。(中1~中3を参加対象から外しているのは、中学生の生徒の多くは既に勉強の計画を立てているために夏オンに参加する余裕がないと思われるためです。)

●受講料

 受講料は1コマ(45~60分)990円で、入会金はありません。
 教材は各自で必要なものをご用意ください(別途注文ページあり)。
 8月1日から8月23日までの期間、希望する講座を自由に申し込めます。
 受講の申し込みは、授業のある日の前日まで可能ですが、定員は1講座6名までとしているので先着順となります。
 参加者の少ない講座は、子供たちの交流の場をつくるために、他の講座と合同クラスにする場合があります。
 受講料は、言葉の森の生徒は毎月の受講料と一緒に自動振替を行います。
 言葉の森の生徒以外の方は、言葉の森からの請求後お振込みをしていただく形になります。

●各教科の概要

▼教材サンプル
 国語・算数・英語・理科・社会・漢字・受験作文・公中理系・公中文系については、使用する教材のサンプルがウェブのページからご覧いただけます。

▼国語・算数・英語・理科・社会
 国語・算数・英語・理科・社会は、各学年とも塾専用テキストです。
 事前に教材注文のページからご注文くださるようお願いします。→教材注文のページ
 教材がご自宅に到着するまでの間は、ウェブのページから必要な部分を印刷してご使用いただけます。
 国語・算数・理科・社会は、小1から小3までは標準的なテキストです。
 発展問題もありますが、特に難しい問題はありません。
 小4から小6までは、国私立中受験にも対応できる受験用テキストです。
 ただし、授業の中では標準問題を中心に学習します。発展問題は、各生徒が任意に学習してください。

▼公立中高一貫校受験対策
 公中文系・公中理系は、公立中高一貫校受験対応のテキストで、夏まで受験対策を完了させます。
 受験作文は、塾専用のテキストをもとに、読解・記述・作文の練習を行います。
 原稿用紙の使い方も含めて、作文の基礎から学習します。

▼暗唱
 暗唱小1-6は、小1から小6までをを対象とした暗唱練習です。
 初めて暗唱の学習に取り組む方、既に暗唱はできていて先に進みたい方、いずれも対応できます。
 教材は、暗唱ページからプリントしてご利用ください。→暗唱ページ

▼漢字
 漢字小3-6は、進級式の漢字練習で、小6までの漢字書き取りを各自のペースで進めることができます。
 漢字練習は、夏以降の自宅学習にも活用でき、小6まで使うことができます。

▼感想文
 感想文小3-6は、下記のいずれかの本をご用意ください。教室では販売しません。
 あらかじめ本を読んでおき、家庭で似た例の準備などをして授業に臨みます。
 1日400字のペースで、3日間で1200字の感想文下書きを仕上げます。
 清書は、家庭で行うことも、教室で行うこともできます。
 ただし、清書は文章のつながりやまとめの感想を修正する必要があるため、有料3300円で対応しています。

▼読書
 読書小1-4は、それぞれの生徒が自分の読みたい本を何冊か用意して参加します。
 読書の時間の間に、自分の読んだ本の紹介と質問感想の時間を設けます。

▼自由研究
 自由研究小1-4は、小学生が取り組みやすい自由研究を多数紹介します。
 紹介例を参考に、それぞれの生徒が自分で決めた自由研究を行い発表をします。
 授業では、実習の時間の後半に、発表と質問感想の時間を設けます。

●担当講師

 各講座を担当する講師は、生徒の参加状況がほぼ確定するまでは未定です。
 受講は固定担任制ではなく選択受講制ですので、途中で受講する講座を変更することができます。

●時間が限られている場合、どの教科を選んだらよいか

 算数が特に得意な生徒以外は、算数数学を選んでください。
 算数数学は、積み重ね型の勉強なので、少しでも分からないところが残っていると、その後のことが分かりにくくなるからです。
 小5小6で、公立中高一貫校受験を考えている生徒は、公中理系を選択してください。公中理系は、差のつきやすい勉強だからです。
 特に得意な教科も苦手な教科もないという生徒は、国語を選んでください。
 問題文の比較的難しい文章を読み取る練習で、あらゆる教科の基礎となる国語力をつけます。

●夏オンお申し込みページ

森のオンラインスクール(8/3~8/21が夏オンの期間です。)
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンラインスクール(0) 夏のオンラインスクール(0) 

コメント欄

森川林 2020年7月3日 10時58分  
 夏のオンラインスクールを開講します。
 夏オンでは、1学期の勉強の総まとめを行いますが、勉強だけではなく友達との交流の時間も充実させています。
 それは、5、6人までの少人数で互いのコミュニケーションを生かす場があるからです。
 学習方法の中心は、自主学習と先生による個別指導ですから、苦手な子も、得意な子も、自分のペースで勉強を進めることができます。
 従来の勉強法では物足りなかった人は、ぜひ夏オンにご参加ください。

nane 2020年7月3日 11時33分  
 言葉の森の少人数オンラインクラスは、未来の教育の理想になると思います。
 自分でどんどん勉強を進めることができると同時に、いつでも先生に質問することができるからです。
 また、先生による毎回の確認チェックで、その子の勉強の定着度が即座にわかります。
 従来型の授業では、1か月か2か月の学習のあとの定期テストでなければ、その子の勉強の定着度はわかりませんでした。
 そして、テストによる評価だけでは、今後どういう勉強をしていけばよいかわかりませんでした。
 少人数オンラインクラスでは、毎回、先生によるチェックがあり、しかも、一緒に参加する友達との間の交流があるので、勉強が自然に進むのです。


あお 2020年7月6日 8時51分  
こんにちは。受講を申し込みたいのですが、この講座は言葉の森の生徒さんだけでしょうか? 申し込みに生徒コードが必要だったので。

森川林 2020年7月6日 17時58分  
 あおさんへ。
 この講座はどなただも受講できます。
 生徒コードは、読解検定で取得したものがあればそれをいれてください。
 生徒コードがまだない場合は、鳥の村で登録をしてください。
https://www.mori7.net/tori/lin.php?nae=touroku

aomoto  2020年7月9日 12時4分  
感想文クラスを申し込みせたいのですが、クラスがありません。

aomoto  2020年7月9日 12時4分  
感想文クラスを申し込みせたいのですが、クラスがありません。

メグ 2020年7月10日 16時43分  
 aomoto様
 11時の一番下にあります。
 漢字の下です。

あお 2020年7月11日 13時37分  
たいへん申し訳ないのですが、申し込み後のキャンセルはできますか。1日だけ都合が悪くなってしまいました。

森川林 2020年7月12日 13時46分  
できます。
当日のお名前の横の縦四角をクリックするとキャンセルが選択できます。

ささみ 2020年7月15日 8時57分  
 感想文の本が決まっていたら教えてください。

あさ母 2020年7月15日 12時24分  
お世話になっております。
念の為、確認させてください。
教材は、夏オン向けの教材を買う必要があるということでしょうか?
(森オン/自主学習で使っている教材を進めるのではなく)

森川林 2020年7月16日 12時47分  
感想文の本は、
・宇宙人のいる教室(昨年も)
・川は生きている(昨年も)
・道は生きている
・杜子春
・モモ(昨年も)
の5冊のうち1冊です。
 あとでわかりやすく入れておきます。

森川林 2020年7月16日 12時47分  
 夏オンは別教材です。
[教材]となっているところをクリックすると中身が見られます。

コメントフォーム
夏のオンラインスクール開講、申し込み受け付け中 森川林 20200702 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
かきくけ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「かきくけ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
読み書きによっ
こんにちは 10/17
読解検定9月説 くるみ
小学校高学年から読書しなくなった高校生。 10/13
コロナ後に来る 森川林
 今大事なのは、これからの世の中の大きな 10/7
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■エデュナビで「小学校最後の3年間」が紹介 6月26日
■オンライン夏期講習、8/1~8/23。作文、感想文、主要五教科、公中受験など 6月11日
■リアルを超えるオンライン――少人数対話型オンライン教育の3つの特徴 6月9日
■【重要】7月からの「森のオンラインスクール」勉強の仕方説明会 6月8日
■午前9時からの「森のオンラインスクール」が6月から始まりました 6月4日
■港南台の通学教室を、全面的に通学オンラインクラスに 6月3日
■オンライン教育は少人数クラスと結びついて初めて効果を発揮する 6月1日
■風邪の中をプログラミング 5月31日
■「プロに聞く『子どもの作文力」劇的に上げる方法』」の記事 5月27日
■【重要連絡】6月以降の「朝のオンラインスクール」の学習について 5月18日
■【重要】Zoomのブレークアウトルームがビジー状態で使えない場合の対応 5月15日
■言葉の森が考える新しい教育の可能性 5月13日
■【至急重要】講師のZoomにパスワードが設定されていますが 5月11日
■朝のオンラインスクールが5月7日から始まります 5月6日
■鳥の村の資料室に、小1~中3、プレ受験作文の解説をいれました 5月5日
■創造発表祭(無料)、5月2日から6日まで連日開催 5月2日
■創造発表祭の参加お申し込みで、5月1日10:25以前にご送信いただいた方は再度ご送信お願いいたします 5月1日
■創造発表祭(無料)、連休中の5月2日~6日、連日開催 4月30日
■明日オン4/28で終了、4/29~5/1休み、5/2~5/6午後3時創造発表祭(無料)、5/7~新朝オン再開、その後休校解除後も午前中の朝オンは継続 4月28日
■オンライン創造発表祭(参加無料)、連休中5月2日~6日連日開催 4月23日
■一斉指導学習から個別確認学習へ――新しいオンライン学習の仕組み 4月18日
■学校や家庭で導入するパソコンは、現状ではクロームブックやiPadでないものを 4月17日
■新型コロナウイルスとこれからの社会の提案 4月15日
■明日のオンラインスクールで、平日20:00から保護者懇談室、20:30から講師懇談室を開きます 4月12日
■【重要】初めて明日オンに参加される方は、最初に初心者クラス(無料)にご参加ください 4月10日
■【重要】明日のオンラインスクールでの勉強の仕方【動画】 4月8日
■【至急】「明日オン」の4月6日(月)の登録又は取消は、お電話又は質問掲示板で 4月6日
■【至急】明日オンの19時以降の送信ができないままでしたm(_ _)m――直り次第ご連絡します 4月6日
■学校の休校対応、小1~中1の全教科の対話型学習「明日のオンラインスクール」受け付け開始 4月5日
■自主学習という勉強の仕方 4月4日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。