記事 3443番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2019/12/13
子供を成長させる楽しいけれど難しいもの
森川林 2018/11/07 07:57 

 子供が何かを吸収するのは、それが楽しいからです。
 子供が興味を持たないものは、いくらすすめてもなかなか身につきません。
 強制されてやるときの吸収力は、自分から進んでやるときの吸収力に比べてはるかに小さいのです。

 しかし、楽しいからといって、甘いお菓子だけを食べていては体が成長しません。
 楽しいと同時に、それによって子供が成長するようなものを吸収させる必要があります。
 それが、楽しいけれど難しいというものです。

 その第一のものは、子供が興味を持って読めるような説明文の読書です。
 物語文の読書も子供の心を成長させる上で大切ですが、今の日本の読書環境では物語文の本の豊富さに比べると、説明文の本を読む環境はかなり限られています。
 子供の興味や関心のある分野を考えながら、少し難しい説明文の読書をすすめていくというのが、子供の身近にいる大人の役割になります。

 楽しいけれども難しいという第二のものは対話です。
 高校生以上になれば友達との対話が中心になりますが、小学生の場合は、主に親子の対話です。

 子供たちは、お父さんやお母さんと楽しい話をするのが好きです。
 話の内容ももちろん大事ですが、それ以上に家族で話をするという雰囲気が好きなのです。

 この楽しい話の中で、親が少し難しい言葉、少し難しい説明をしていくと、子供たちはその話を一生懸命に聞き取ろうとして自然に難しい言葉や難しい考え方を身につけていきます。

 小学校低学年の間に、こういう親子の楽しい対話の習慣を身につけた子は、学年が上がっても親子の対話を続けていけます。
 低学年のころは親もあまり準備せずに楽しく難しい話ができますが、子供が小学校高学年になり難しい作文の課題に取り組むようになると、親もその分野について勉強し直したり考えを深め直したりする必要が出てきます。

 楽しいけれども難しいという第三のものは、子供自身が挑戦する経験です。
 この挑戦する経験には、初めて取り組む遊びのようなものも含まれます。
 難しそうだがやってみたいというものは、すべて子供を成長させます。

 子供たちは、勉強によって成長するのではなく、読書と対話と経験によって成長するのです。

 子供が何かを吸収するのは、それが楽しいからです。
 子供が興味を持たないものは、いくらすすめてもなかなか身につきません。
 強制されてやるときの吸収力は、自分から進んでやるときの吸収力に比べてはるかに小さいのです。

 しかし、楽しいからといって、甘いお菓子だけを食べていては体が成長しません。
 楽しいと同時に、それによって子供が成長するようなものを吸収させる必要があります。
 それが、楽しいけれど難しいというものです。

 その第一のものは、子供が興味を持って読めるような説明文の読書です。
 物語文の読書も子供の心を成長させる上で大切ですが、今の日本の読書環境では物語文の本の豊富さに比べると、説明文の本を読む環境はかなり限られています。
 子供の興味や関心のある分野を考えながら、少し難しい説明文の読書をすすめていくというのが、子供の身近にいる大人の役割になります。

 楽しいけれども難しいという第二のものは対話です。
 高校生以上になれば友達との対話が中心になりますが、小学生の場合は、主に親子の対話です。

 子供たちは、お父さんやお母さんと楽しい話をするのが好きです。
 話の内容ももちろん大事ですが、それ以上に家族で話をするという雰囲気が好きなのです。

 この楽しい話の中で、親が少し難しい言葉、少し難しい説明をしていくと、子供たちはその話を一生懸命に聞き取ろうとして自然に難しい言葉や難しい考え方を身につけていきます。

 小学校低学年の間に、こういう親子の楽しい対話の習慣を身につけた子は、学年が上がっても親子の対話を続けていけます。
 低学年のころは親もあまり準備せずに楽しく難しい話ができますが、子供が小学校高学年になり難しい作文の課題に取り組むようになると、親もその分野について勉強し直したり考えを深め直したりする必要が出てきます。

 楽しいけれども難しいという第三のものは、子供自身が挑戦する経験です。
 この挑戦する経験には、初めて取り組む遊びのようなものも含まれます。
 難しそうだがやってみたいというものは、すべて子供を成長させます。

 子供たちは、勉強によって成長するのではなく、読書と対話と経験によって成長するのです。
 参加フォーム/言葉の森企画
理科実験で思考力を育てる――創造と発表の学習
これから大事になる勉強は、自分の興味のあるテーマで自由に研究し実験する、思考力と創造力と発表力を育てる学習です。 言葉の森
 

コメント欄

森川林 2018年11月7日 8時19分  
 世の中には、楽しくて易しいものや、つまらなくて難しいものはよくあります。
 楽しいけれども易しいことだけをやっていては成長しません。
 しかし、難しいけれどもつまらないことだけをやっていても同じように成長しません。
 楽しいけれども難しいものを見つけていくことが大事なのです。


nane 2018年11月7日 8時29分  
 難しい話をしたり、難しい本を読んだりすることは大切ですが、その難しさの基準は知識の難しさではありません。
 考え方の難しさです。
 考え方の難しさは、理解できたときに目を輝かせるような喜びがあるのです。

コメントフォーム
子供を成長させる楽しいけれど難しいもの 森川林 20181107 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ふへほま (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ふへほま」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
学校に行かない nane
 学校がつまらないのは、決まりきったこと 11:24
学校に行かない 森川林
 不登校の子が増えているのは、本人の問題 11:22
勉強の能率を上 nane
 私(森川林)は自分自身はもちろん、うち 12/12
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の31~60件目を表示
……先の30件
■11月の無料読解検定は団体受検もできるようにしました 11月8日
■作文読解クラスの体験学習募集――作文は、書く力の前に考える力をつけることが大切 11月8日
■創造発表クラスの体験募集――未来の社会とこれからの教育 11月7日
■11.2週の授業の資料を入れました――小1~中1の授業、プレ受験コース、せいかつ文化コース 11月7日
■11・1週の授業の動画を再度アップロード 11月7日
■自主学習クラスの体験募集――自主学習と先生のチェックが最強の勉強法 11月6日
■なかなか上達しない、そして、モチベーションが低いという相談 11月5日
■11.1週の資料、授業の記録、自主学習クラスの学習記録 11月1日
■読解検定11月も無料キャンペーン実施! 11月1日
■受験作文小論文アドバイス――最後の仕上げの個別指導で合格力アップ 10月29日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく(3) 10月28日
■国語も算数もできない問題ができるようになって初めて力がつく 10月27日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく(2) 10月25日
■創造発表クラスのヒント「意味をこわしてしまった言葉」(毎小から) 10月24日
■海外の生徒向けのFacebookグループ、掲示板のお知らせ 10月24日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく 10月24日
■【合格速報】慶応大学経済学部 10月23日
■自主学習力、創造発表力、作文読解力とは何か 10月23日
■創造的な教育文化が日本を発展させる 10月22日
【訂正】森オンライン案内の一部改訂――受講料の項追加、自主学習クラスのテストと保護者懇談会11.3週に 10月21日
■本を読む習慣をつける最も手軽で効果のある方法 10月21日
■苦手をなくす教育から得意を伸ばす教育へ 10月20日
■公立中高一貫校の模試(小4~小6)受付中 10月19日
■国語の得意な子になる丘、帰国子女の原、読書の好きな子になる庭 10月19日
■10.18近況報告 10月18日
■10月の「寺子屋オンライン通信」をお送りします 10月17日
■10月の発表交流会の参加フォーム 10月17日
■【合格速報】東海大学工学部動力機械工学科 10月17日
■自主学習クラスの毎月の実力テストの範囲 10月17日
■10.3週の資料室をアップロードしました 10月15日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。