作文はよく書けるが、国語の成績が今ひとつという生徒からの相談 読むことが苦にならない、覚えることが苦にならない、書くことが苦にならない、というのが本当の学力 読書と勉強を両立させる方法 思考発表クラブの枠が広がります 教えない教育、自ら学ぶ教育

記事 2955番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/6/28 
新幹線で行く、那須高原の「読書作文キャンプ」2泊3日
森川林 2017/05/18 06:15 


 夏の読書作文キャンプの日程が決まりました。
 読書と作文と遊びを中心とした「よく学びよく遊べ」のキャンプです。

 ○第1組:7/23(日)~7/25(火)2泊3日
 ○第2組:7/25(火)~7/27(木)2泊3日
 ○第3組:7/27(木)~7/29(土)2泊3日

 集合解散場所は、いずれも東京駅です。

集合:1日目の 9:30東京駅「銀の鈴広場」集合→10:12東京駅出発(新幹線やまびこ207)→11:21那須塩原駅到着
解散:3日の14:30東京駅「銀の鈴広場」解散←14:16東京駅到着(新幹線やまびこ212)←13:02那須塩原駅出発

 対象は、小1~中3で保護者も参加できます。(言葉の森の生徒だけでなく、どなたでも参加できます)

 対象学年は、小1~中3。
 低学年は、読み聞かせでなく自分で本が読める人(ひらがなが読める人)。
 作文は、書けなかったり苦手だったりしても、対応できるので大丈夫です。
 各組とも、子供24名 大人6名。
 (子供12名以上で実施)

 費用は、下記のとおりです。

 子供…………36,720円(交通費含む。消費税含む)
 大人…………28,080円(交通費含む。消費税含む)
(連泊する場合、2回目以降の2泊3日は、子供30,240円、大人21,600円)
(キャンプアシスタントとしてキャンプ中の子供たちの世話を手伝ってくれる方の大人の参加費は無料)

 宿泊場所は那須高原の言葉の森合宿所です。

 言葉の森那須合宿所
 325-0303 栃木県那須郡那須町高久乙3374-48 電0287-73-5794(045-830-1177)

 募集フォームは現在作成中ですので、しばらくお待ちください。

https://www.mori7.net/stg/


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合宿(14) 

記事 2954番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/6/28 
プレゼン作文発表会、参加者募集中!
森川林 2017/05/17 09:19 


 5月27日(土)13:30~15:00、インターネットでプレゼン作文発表会を行います。
 この発表会には、どなたでも参加できます。(言葉の森の生徒以外の方も参加できます。)
 参加された方全員に、豪華な参加賞が出ます。

 参加お申込みの締切は、5月22日(月)までです。
 参加される方は、発表会案内のページからお申込みください。
https://www.mori7.net/hpk/

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プレゼン作文発表会(20) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,924件
新着コメント11~20件
……前のコメント
思考発表クラブ nane
 意外に面白かったのは、子供たちが、ほか 6/15
思考発表クラブ 森川林
 子供たちを見ていていつも感心するのは、 6/15
教えない教育、 nane
 昔、自分の子供が言葉の森で作文の勉強を 6/13
教えない教育、 森川林
 ワクワクした勉強をした子は、将来ワクワ 6/13
勉強が得意にな 森川林
 よくプロの優れた技術を持っている人に、 6/12
小学生の勉強は nane
 江戸時代の寺子屋教育の理論面を支えた貝 6/7
小学生の勉強は 森川林
 今の日本の勉強環境は至れり尽くせりなの 6/7
昔テレビで一億 nane
 子供が小さいころに、命令や禁止を中心に 6/6
昔テレビで一億 森川林
 子供がyoutubeやSNSに夢中にな 6/6
作文を勉強する nane
 今、森リンを修理しているため森リン大賞 6/5
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■これからの子育ては限られた受験教育ではなくトータルな学力教育 6月24日
■作文はよく書けるが、国語の成績が今ひとつという生徒からの相談 6月23日
■読むことが苦にならない、覚えることが苦にならない、書くことが苦にならない、というのが本当の学力 6月19日
■読書と勉強を両立させる方法 6月15日
■思考発表クラブの枠が広がります 6月15日
■教えない教育、自ら学ぶ教育 6月13日
■勉強が得意になるきっかけは単純 6月12日
■小学生の勉強は、読み書き計算だけでよい 6月7日
■昔テレビで一億総白痴化、今はyoutubeで 6月6日
■作文を勉強する意義は創造性を育てること 6月5日
■読書ゼロ冊の予備軍にならないために 6月4日
■低学年の勉強は習慣作り、受験生の勉強は作戦作り 6月2日
■小3の思考発表クラブ6.1週の紹介 5月31日
■プレゼン作文発表会の参加賞のページ 5月31日
■夏の読書作文キャンプの遊び場の紹介 5月30日
■プレゼン作文発表会、力作が多数! 5月28日
■入賞する楽しさよりも、表現する楽しさを――本日はプレゼン作文発表会 5月27日
■成績を上げることよりも実力を上げることを考える 5月25日
■プレゼン作文発表会は5月27日――田舎のおじいちゃんやおばあちゃんも見学できます 5月24日
■小4の作文課題「私の父(母)」の参考動画 5月23日
■創造的な遊び、創造的な勉強 5月22日
■新幹線で行く、那須高原の「読書作文キャンプ」2泊3日 5月18日
■プレゼン作文発表会、参加者募集中! 5月17日
■褒めて励ますことがあらゆる教育の基本 5月16日
■低学年のときほど知識的な勉強ではなく思考的な勉強を 5月15日
■教育の第一の目標は、すべての子供の創造力を育てること 5月13日
■将来の仕事に必要なのは、理系の頭脳と文系の頭脳 5月12日
■小3の思考発表クラブ5.2週の授業紹介――5.3週の作文はインドの牛の話 5月11日
■自学自習でやっていると、学年が上がるほど勉強の能率が上がる 5月11日
■今年の夏合宿は、たっぷり読書とたっぷり遊び 5月10日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。