少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設 1月4週の発表交流会のお知らせ 発表交流会の作品のアップロードの仕方 昔、小学2年生だった生徒が、いつの間にか博士論文など書くようになっていて、「先生、お元気ですか」(笑) ワールドカフェの広がりにに見る個性の時代の教育

記事 3103番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/1/17 
公立中高一貫校の試験に似た問題を出す私立中学を受験することについて
森川林 2017/12/04 03:52 


 先日、ある生徒から私立の中学を、通常の受験の枠とは異なる別の形の試験で受けるという連絡がありました。
 その試験の内容は、公立中校一貫校の記述中心の試験の内容とほぼ同じものです。

 つまり、公立中高一貫校向けに勉強した生徒の中で、実力があるにもかかわらず不合格になった生徒を、私立中学の試験ですくい上げるという考え方で出てきた試験なのです。

 倍率の高い公立中高一貫校向けの受験勉強をした生徒が、その受験勉強の努力を無駄にしないために同じような出題傾向の私立中学を受けるというケースは増えているのだと思います。

 しかし、ここで考えなければならないことがひとつあります。
 それは、私立中高一貫校の受験で、あるレベルのところに入れば、それは、高校3年生までそのレベルで勉強することになるということです。

 公立の入試のない地元の中学に行けば、上から下まで幅広い可能性があります。

 今は、学校で勉強を教えてもらわなくても、市販の教材やネットの教材を使えば、本人の意欲次第でいくらでも費用かけずに勉強できる機会が広がっています。

 子供の可能性と実力を信頼するのであれば、幅広い可能性がある公立中学、公立高校に進むという選択も十分に考えられます。

 可能性があると、かえって下の方に入ってしまうのが心配だということであれば、そういう子は社会に出てからも結局同じような心配に遭遇することになります。

 親のできることは、早めに安心できる予約のエスカレーターに乗せることではなく、子供が自分で自分の可能性を切り開いていけるような実力と精神力を育てることです。

 公立中高一貫校を受験する人は、論述中心の試験で合格可能性がつかめないことと、倍率が高いことから、不合格になることを十分に考えて受験することです。
 そして、不合格なら、勉強の経験自体に価値があったと割り切って、それで済ませることです。

 公立中高一貫校の模試は、あまりあてにならないと思われているのは、公立中高一貫校の試験では、実力と合格の相関が低いからです。
 実力のある子であれば、合否に関係なく伸びていくものです。

 ただし、中学生から高校生にかけての子供は、周囲の友達に大きな影響を受けます。
 だから、進学率の高い学校に入ると、自然に周囲に合わせて勉強するようになります。
 その逆もまた然りです。

 だから、いい友達を作ること以上に大事なことは、周囲に流されない自分というものを確立していくことです。
 協調性を保ちながら自立心を持つということは、難しいことですが、優先するのは自立心の方です。

 入試というのは、その子の人生の一つの大事件になるので、そのときの選択の仕方が、その後の人生のさまざまな選択の一つのパターンになります。
 親は、合格だけを考えるのではなく、その子の先の人生のことを考えて受験に取り組んでいくといいと思います。


 先日、ある生徒から私立の中学を、通常の受験の枠とは異なる別の形の試験で受けるという連絡がありました。
 その試験の内容は、公立中校一貫校の記述中心の試験の内容とほぼ同じものです。

 つまり、公立中高一貫校向けに勉強した生徒の中で、実力があるにもかかわらず不合格になった生徒を、私立中学の試験ですくい上げるという考え方で出てきた試験なのです。

 倍率の高い公立中高一貫校向けの受験勉強をした生徒が、その受験勉強の努力を無駄にしないために同じような出題傾向の私立中学を受けるというケースは増えているのだと思います。

 しかし、ここで考えなければならないことがひとつあります。
 それは、私立中高一貫校の受験で、あるレベルのところに入れば、それは、高校3年生までそのレベルで勉強することになるということです。

 公立の入試のない地元の中学に行けば、上から下まで幅広い可能性があります。

 今は、学校で勉強を教えてもらわなくても、市販の教材やネットの教材を使えば、本人の意欲次第でいくらでも費用かけずに勉強できる機会が広がっています。

 子供の可能性と実力を信頼するのであれば、幅広い可能性がある公立中学、公立高校に進むという選択も十分に考えられます。

 可能性があると、かえって下の方に入ってしまうのが心配だということであれば、そういう子は社会に出てからも結局同じような心配に遭遇することになります。

 親のできることは、早めに安心できる予約のエスカレーターに乗せることではなく、子供が自分で自分の可能性を切り開いていけるような実力と精神力を育てることです。

 公立中高一貫校を受験する人は、論述中心の試験で合格可能性がつかめないことと、倍率が高いことから、不合格になることを十分に考えて受験することです。
 そして、不合格なら、勉強の経験自体に価値があったと割り切って、それで済ませることです。

 公立中高一貫校の模試は、あまりあてにならないと思われているのは、公立中高一貫校の試験では、実力と合格の相関が低いからです。
 実力のある子であれば、合否に関係なく伸びていくものです。

 ただし、中学生から高校生にかけての子供は、周囲の友達に大きな影響を受けます。
 だから、進学率の高い学校に入ると、自然に周囲に合わせて勉強するようになります。
 その逆もまた然りです。

 だから、いい友達を作ること以上に大事なことは、周囲に流されない自分というものを確立していくことです。
 協調性を保ちながら自立心を持つということは、難しいことですが、優先するのは自立心の方です。

 入試というのは、その子の人生の一つの大事件になるので、そのときの選択の仕方が、その後の人生のさまざまな選択の一つのパターンになります。
 親は、合格だけを考えるのではなく、その子の先の人生のことを考えて受験に取り組んでいくといいと思います。

コメント欄

森川林 20171204 1 
 昔は、いい学校に入ることがゴールのような感じがありましたが、今は、そうではありません。
 今は、社会でいい仕事をすることがゴールで、そのいい仕事と、いい学校やいい会社とはだんだん結びつかなくなっているのです。
 だから、子育ては、進学のことを考えるとともに、その子の将来の仕事生活のことも考えて進めていくことです。
 すると、勉強だけでなく、勇気や個性や思いやりやという人間力全体を育てていくことが大事だとわかってきます。


nane 20171204 1 
 満ち潮の時代は、メジャーな時代だったので、多く人が目指す方向と同じところに進んでくことが妥当性の高い選択肢でした。
 その時期は、二番煎じの方がむしろ売れるということさえありました。
 しかし、今は引き潮の時代に入っています。
 メジャーなところほど、引き潮の度合いが強くなっています。
 だから、これからは自分が一番になれる個性的な分野を開拓する力が求められてきます。
 個性的な分野の第一人者というのが、これからの、そしてこのあとずっと続く人間の理想像になってくると思います。


コメントフォーム
公立中高一貫校の試験に似た問題を出す私立中学を受験することについて 森川林 20171204 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,511件
新着コメント11~20件
……前のコメント
昔、小学2年生 森川林
 昔の生徒が、いつの間にか、お父さんやお 1/13
ワールドカフェ nane
 個性の時代には、「人より多くの知識を持 1/12
ワールドカフェ 森川林
 カフェ方式であれば、大人数のグループで 1/12
都立中高一貫校 nane
 日本では、Facebookの利用人口は 1/11
都立中高一貫校 森川林
 最初のころの公立中高一貫校の入試は、理 1/11
好奇心や向上心 nane
 今年は、日本語の環境が乏しい海外に住む 1/10
好奇心や向上心 森川林
 思考発表クラブの約1時間の勉強の様子は 1/10
稼げる大人にな nane
 仮想通貨に投資することは、長期的に見れ 1/9
稼げる大人にな 森川林
 これからの教育に必要になるのは、個性を 1/9
日曜日、20年 nane
 作文に、子供はときどき自分の内面的なこ 1/8
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■これからの子育ては、成績のいい子を育てることではなく、面白い子を育てることを重点に 1月16日
■少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設 1月15日
■1月4週の発表交流会のお知らせ 1月14日
■発表交流会の作品のアップロードの仕方 1月14日
■昔、小学2年生だった生徒が、いつの間にか博士論文など書くようになっていて、「先生、お元気ですか」(笑) 1月13日
■ワールドカフェの広がりにに見る個性の時代の教育 1月12日
■都立中高一貫校の海外帰国子女枠の入試と、オンライン作文の学習 1月11日
■好奇心や向上心から学ぶ勉強 1月10日
■【合格速報】 国学院大学栃木中学校 1月9日
■稼げる大人になるというよりも、自ら仕事を作れる大人になる――「仮想通貨のあとに来るもの」のつづき 1月9日
■日曜日、20年前の生徒が突然訪問 1月8日
■仮想通貨のあとに来るもの 1月7日
■ネットを活用した参加型の教育を広げる――平成30年の抱負 1月3日
■那須高原の合宿所の壁の塗替え 12月30日
■言葉の森のLINE@スタート 12月26日
■好評につき1月から思考発表クラブの曜日を拡張。(体験学習あり) 12月26日
■思考力とは何か--算数の思考力と読書の思考力 12月26日
■中学受験は、長期的な視野で 12月26日
■課題フォルダのカレンダー 12月26日
■予習シートの配布を1月から(小1~小6) 12月26日
■寺オン交流会の参加の仕方 12/22(金)~12/28(木) 12月26日
■【重要】森リンの再採点 12月26日
■作文の字数配分と時間配分のコツ 12月21日
■森リン、直りました! 12月18日
■12月保護者懇談会(12/18~12/22)の話の内容 12月18日
■12月4週の寺オン合同交流会の取り組みについて 12月14日
■【合格速報】 信州大学附属松本中学校、佛教大学教育学部 12月11日
■来年の夏合宿の企画 12月11日
■子育ての原点を忘れない 12月10日
■遊びと同じように楽しい勉強(Facebookページの記事より) 12月8日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare