記事 3375番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/9/23
未来の地球と言葉の森の教育
森川林 2018/08/11 03:32 

 言葉の森は、作文教育を出発点として、未来の教育を次のようにしたいと考えています。

 第一に、受験を目的とした勉強ではなく、人生と社会に真に必要な実力をつける教育です。このことによって、余裕のできた子供たちは自由な創造の時間を過ごすようになります。

 第二に、学校や塾に任せる教育ではなく、家庭と地域を基盤とする教育です。この教育を支えるのは家庭と地域の文化で、そこで人間性と社会性を育てる教育が行われていきます。

 第三に、点数を重視した教育ではなく、文化を重視した教育です。それは点数にならない思いやりや勇気や本当の知恵を大切にする教育です。

 第四に、競争で勝敗を分ける教育ではなく、それぞれの子供たちの創造性を生かす教育です。子供たちの描く未来の自分の姿は、自主独立の人間で、人生の目的は、幸福、向上、創造、貢献となります。

 教育の場は日常的なオンラインと年に数回の合宿で、先生は人生経験を積んだ社会人です。それらの先生が、自分の個性を生かした新しい教育を作り出します。その新しい教育はさまざまな分野で子供たちの創造力を伸ばし、その教育と文化が日本と世界の新しい産業になります。

 そして、日本文化の普遍的な本質が世界のそれぞれの文化に生かされることによって、やがて地球は愛と笑いと創造の惑星になっていくのです。

 言葉の森は、作文教育を出発点として、未来の教育を次のようにしたいと考えています。

 第一に、受験を目的とした勉強ではなく、人生と社会に真に必要な実力をつける教育です。このことによって、余裕のできた子供たちは自由な創造の時間を過ごすようになります。

 第二に、学校や塾に任せる教育ではなく、家庭と地域を基盤とする教育です。この教育を支えるのは家庭と地域の文化で、そこで人間性と社会性を育てる教育が行われていきます。

 第三に、点数を重視した教育ではなく、文化を重視した教育です。それは点数にならない思いやりや勇気や本当の知恵を大切にする教育です。

 第四に、競争で勝敗を分ける教育ではなく、それぞれの子供たちの創造性を生かす教育です。子供たちの描く未来の自分の姿は、自主独立の人間で、人生の目的は、幸福、向上、創造、貢献となります。

 教育の場は日常的なオンラインと年に数回の合宿で、先生は人生経験を積んだ社会人です。それらの先生が、自分の個性を生かした新しい教育を作り出します。その新しい教育はさまざまな分野で子供たちの創造力を伸ばし、その教育と文化が日本と世界の新しい産業になります。

 そして、日本文化の普遍的な本質が世界のそれぞれの文化に生かされることによって、やがて地球は愛と笑いと創造の惑星になっていくのです。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

コメント欄

森川林 2018年8月11日 4時17分  
 誰でも、子供はのびのびと自由に育ってほしいと思っています。
 しかし、いったん競争の中で教育が行われるようになると、とりあえず競争に勝つことが教育の第一の重点になります。
 すると、やがて競争に勝つための教育だけが教育と考えられるようになり、試験に出ないところは勉強しなくてもいいというような考えが自然に生まれてくるのです。
 教育の本来の目的は自分を向上させることです。それは、人間がもともと向上心を持っているからです。
 これからの教育は、この向上心に依拠して行っていく必要があります。

nane 2018年8月11日 4時41分  
 今の教育は、「受験に勝つための知識と技術を詰め込みますから、親は家にいて受講料だけしっかり払ってください」という能率のよい分業体制で行われています。
 だから、子供は、どうでもよいことにたっぷり時間を取られ、年々忙しくなっているのです。


コメントフォーム
未来の地球と言葉の森の教育 森川林 20180811 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ぬねのは (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ぬねのは」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント4~6件
……前のコメント
本を読まない子 nane
 読書をしなくなると、作文も書けなくなり 9/16
本を読まない子 森川林
 昔は、活字中毒という言葉がありました。 9/16
やる気の出ない nane
 中学生の作文は、課題は難しくても、解説 9/15
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■本を読まない子供たち。抜本的な対策は、読書紹介と付箋読書 9月16日
■やる気の出ない中学生に、いかに作文を書かせるか 9月15日
■ポストコロナ時代の生活は、終身雇用、定年なしの仕事で 9月14日
■ポストコロナ時代の子育てに必要な新しい学力とは 9月12日
■受験作文のコツ2「構成の仕方を身につけよう」 9月11日
■【連絡】プログラム講師研修の第1回会合 9月10日
■受験作文のコツ「書き出しの意見をどう書いたらいいか」 9月9日
■ひらがなのまだ十分に書けない1年生にどう作文を書かせるか 9月9日
■【合格速報】同志社国際高校(編入) 9月7日
■【募集】(9/5追加)初級プログラミング講師養成研修、参加者募集 9月4日
■【連絡】(9/4追加)プログラミングコースのご案内 9月3日
■【連絡】(9月3日16:10更新)公立中高一貫校適性検査模試のお知らせ 9月2日
■女の子も楽しめるプログラミングとは、どういうものか 9月1日
■【連絡】9月からの自主学習コースは、夏オンの教材も使用できます 9月1日
■5歳から始められる、ひらがなだけのスクラッチジュニアforデスクトップ 8月31日
■言葉の森プログラミングコースは、Micro:bitによる手づくり工作から 8月29日
■プログラミング教育その後―IchigoJamからMicro:bitへ 8月25日
■思考力創造力共感力のある子供たちを育てる未来の仕事 8月19日
■オンラインプログラミング講座を新しく始める予定 8月17日
■言い返す技が子供のコミュニケーション力を育てる 8月16日
■コロナ後の経済破綻に備える新しい副業と子供の教育 8月15日
■記述や作文の勉強は書くよりも繰り返し読むこと 8月14日
■ポストコロナ時代の教育とは自主学習と個別指導と勉強友達 8月11日
■「考える社会」の勉強をどのように進めるか 8月10日
■アフターコロナ時代の新しい教育、新しい仕事 8月7日
■「森のオンラインスクール」の夏休みの授業振替について 8月7日
■夏オン始まる。難しかった小6算数、漢字練習は読みと書き 8月4日
■夏のオンラインスクールの勉強の進め方 8月2日
■夏のオンラインスクール開催、参加申し込み受付中 7月22日
■7月の読解検定は、本日7/15締切です 7月15日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。