ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 3601番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/21
受験作文の印象を左右する語彙力――その語彙力を高める方法 as/3601.html
森川林 2019/03/03 05:31 

 小学5年生の作文課題に、「島の動物と大陸の動物」の感想文があります。この文章の中に、「矮小化」という言葉が出てきます。先日、それを要約の中で漢字で書いていた生徒がいました。

 これを見たとき、もしこれが受験作文で、本人がこの言葉を自然に漢字で書いていたとしたら、作文を評価する試験官の印象点はかなり高くなると思いました。

 大学入試の作文(小論文)でも同じです。
 レベルの高い文章を書ける子は、語彙力が違います。
 内容的には同じことを書いていたとしても、内容よりも語彙力の差が印象点の大きな差になるのです。

 なぜ語彙力が印象点の差になるかというと、難しい言葉を使っている子は、その言葉が使われているような難しい本を読んでいることが推測されるからです。

 語彙力は、読書で身につくもので、辞書で身につくものではありません。
 語彙力をつけるために、辞書的な勉強をさせる本もあります。
 昔、大学入試用の本として人気のあった「術後集」などがそうです。

 しかし、理解するための語彙と使用するための語彙は性格が違います。
 辞書的な勉強で身につくのは、理解する語彙です。
 使用する語彙は、本のようなある程度の長さのある文章の文脈の中で読まれる必要があるのです。

 受験間近の人は、今から難しい本を読んでいる時間がないと思います。
 そういう人のために能率のよい方法があります。
 一つは問題集読書で、もう一つは親子の対話です。

 問題集読書の方は、何度も書いているので省略して、親子の対話について説明します。

 親子の対話で第一に重要なのは、題材です。作文のテーマに関連するお父さんやお母さんの体験談を話してあげるのです。
 入試問題の物語文では、心の葛藤の場面がよく出てきます。
 「本当はAにしたいが、Bにした」というようなある意味で日本的な場面がよく出てくるのです。
 この葛藤の場面を実感を持って受け取るためには、子供自身の似た経験がなければなりません。
 その似た経験を補佐するのが、両親の似た経験を聞くことなのです。

 親子の対話で第二に重要なのは、主題です。作文のまとめ段落での感想に、お父さんやお母さんだったらこう書くということを話してあげるのです。
 子供の感想で最も単純なのは、「楽しかった」「うれしかった」「面白かった」などの感覚的な感想です。これに、「また○○したいです」が加わることもあります。

 しかし、入試の作文では、これよりももっと高いレベルで感想を書く必要があります。そこで、語彙力の差が出てきます。
 その語彙力は、頭を絞っても出てきません。もともとそういう語彙が頭に入っていないからです。

 「術後集」のような辞書を使うわけにはいきません。理解する語彙は、使用する語彙にはならないからです。
 しかし、お父さんやお母さんという身近な人の言葉として聞いた語彙は、子供の使える語彙になります。

 小学5年生以上で受験が身近になってからは、特に親子の対話が重要になります。
 小学5年生以上で親子の対話を盛んにするために、小学1、2年生のころから対話の習慣をつけておく必要があります。
 小学1、2年生のころは、親と話をするのが楽しい時期なので、対話の習慣をつけやすいからです。

 その対話の習慣をつけるきっかけになるのが作文の課題です。
 子供が作文の課題に関連して、お父さんやお母さんの似た話を取材してきたら、体験談をたっぷり話してあげるのです。

 そして、小学5年生以上の子が、「感想をどう書くかなあ」と聞いてきたら、お父さんやお母さんだったらこう書くということを話してあげるのです。
 子供は、その話を聞いて自分の受け入れられるものを受け入れます。決して親の言ったことを無条件に採用するわけではありません。
 しかし、子供が自分で受け入れたものは、その子の使用できる語彙として定着していくのです。

 言葉の森が受験作文に強いと言われるのは、こういう家庭での協力のノウハウが指導の背景にあるからです。


 国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく
国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく。

コメント欄

森川林 2019年3月3日 5時45分  
 受験作文の評価は人間が見るので、感覚的な印象が点数を大きく左右します。
 字が上手な子の作文は中身もよく見えると言われますが、字が下手でも挽回できる方法があります。
 それが語彙力です。
 字の上手さと文章のよさは比例しませんが、語彙力と文章のよさは比例するからです。


nane 2019年3月3日 5時53分  
 言葉の森の作文課題が、小5以上で常体になるのは、常体の方が深い内容を書けるからです。
 小学校低中学年でも、説明文の本や難しい本をよく読んでいる子は自然に常体で書きます。
 高校生になっても、易しい本しか読んでいない人は、自然に敬体で書きます。
 本を全然読んでいない子は、話し言葉で書きます。
 「それで、日本は戦争しちゃったんです」とか。


質問 2019年3月3日 10時46分  
質問
すみません。術後集の「術後」とはどういうものでか?

森川林 2019年3月3日 10時57分  
述語集のまちがいです。すみませんでした。google chromeIME、性能が悪い(笑)。

森川林 2019年3月3日 11時1分  
「述語集」はこの本です。
http://tinyurl.com/y3vk3n2v

どんどこ 2023年7月8日 17時29分  
理解する語彙と使える語彙の違い、なるほどと思いました。
受験で感想や文章を書く過程で、その人がどんな本を読んできたのか推測できる。おもしろいですね。

コメントフォーム
受験作文の印象を左右する語彙力――その語彙力を高める方法 森川林 20190303 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
りるれろ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「りるれろ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 
コメント1~10件
さまざまな勉強 森川林
勉強は、作文と読書と算数数学と歴史を中心にやることです。 6:4
作文力がこれか 森川林
作文力をつけるために必要なのは読書と対話。 出力の前に入力 6/19
作文を書くとき 森川林
 接続語と助動詞は、実は重要です。  中学生や高校生で、文 6/18
国語は、読む力 森川林
国語の力をつけるための音読は、1冊の問題集を繰り返し読むのが 6/16
国語力は、テク 森川林
国語力をテクニックで身につけようという考えそのものがあさはか 6/14
本当の勉強は、 森川林
子供は、自然に成長していれば、みんな時期が来ればそれぞれにが 6/12
これから大学生 森川林
MMさん、ありがとうございます。 これは、10年以上前の記 6/12
これから大学生 MM
先生の書かれていることは今読んでもそのまま通じます。 10 6/11
毎週作文を書く 森川林
作文の勉強というのは、負担の大きい勉強です。 だからこそ、 6/11
読書を阻むもの 森川林
暇なときは読書をすればいいのですが、今は、スマホで情報に流さ 6/10
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
アゴラ、面白い 森川林
アゴラ、面白い ==== 環境原理主義はなぜ「新しいナチ 6/20
Re: 無題 森川林
 こちらで入れ直しておきました。  ×になったところは、お 6/11
無題 笹の葉
まちがって白紙でそうしんしてしまったのでここに記載します。 6/10
岡田斗司夫さん 森川林
岡田斗司夫さんの話が面白い。 【最新動画】2025年問題っ 6/9
同調圧力と方便 森川林
 なぜ、子供を褒めることが大事かというと、子供は褒め言葉に同 6/9
Re: 読会検 森川林
お返事遅れて失礼。 しっかり、読んでいてえらい! 問 6/7
歌はいいなあ 森川林
志村けんと八代亜紀が面白い https://www.you 6/3
大事なのは、結 森川林
大事なのは、結果よりも動機だ。 自分は、日本を守るために仕 6/2
読会検定5月  あかそよ
いつもありがとうございます。 問題3 AB共に、「兄ち 5/31
臨死体験で見た 森川林
臨死体験で見た「宇宙の真実」とは?【山納銀之輔さん前編】 5/28

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習