ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 5004番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/5/29
未来の子育て、未来の学力(その2)――幼児期の過ごし方、小学123年生の過ごし方 as/5004.html
森川林 2024/03/06 07:47 
サクラ



 子育ては、幼児期から始まります。
 この時期に大切なことは、愛情と対話と自然です。

 今は、使いやすいデジタル機器が豊富ですが、幼児期に接するものは、できるだけ自然にもとづいたものであることが必要です。

 例えば、PCモニターの色数が1677万色あり、見た目にはほとんど自然の色と変わらないように見えても、自然の色の無限さに比べれば、やはり限界があります。

 縦縞の環境で育てられた子猫は、横縞を認識しにくいという実験があります。
 幼児期には、限界のある人工の環境をできるだけ避け、自然に近い環境で育てていくことが大切です。

 これは、音については、特に重要です。
 自然の環境では、音は事実に結びついています。
 例えば、母親の優しい声は、そのときの母親の笑顔と結びついています。

 しかし、テレビやビデオから流れてくる音声は、事実と結びついていません。
 感情を伴わない音声を聞き続けることによって、音声と感情との結びつきが弱くなることが考えられるのです。


 小学123年生は、母語が形成される時期です。
 外国人の子でも、小学123年生の時期に日本にいると、日本語が母語になります。
 日本語が母語になると、例えば、虫の声や鳥の声を、左脳で認識するようになるのです。

 反対に、日本人の子供でも、小学123年生の時期に海外で暮らすと、その現地の言葉が母語になります。
 これは、東京医科歯科大学名誉教授の角田忠信さんが、多くの調査結果で明らかにしています。
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E8%A7%92%E7%94%B0%E5%BF%A0%E4%BF%A1

 しかし、外国語の習得は、中学生からだと遅い面があります。
 音声をそのまま吸収できるのは、小学4年生ごろからです。
 中学生になってから外国語を学ぼうとすると、音声よりも文法的な知識の習得が先に来るようになるからです。


 小学123年生で、大切なのは、勉強よりも読書です。
 勉強の多くは、知識の習得です。
 確かに、この時期は、知識の力が伸びる時期で、ゲームのキャラクターの名前を覚えるようなことに喜びを感じるものです。

 しかし、それを勉強にあてはめて知識の習得を先行させると、確かに成績はよくなりますが、その分考えることが後回しになります。

 考える力の基本は、日本語で考える力です。
 もちろん、図形で考えたり、数字で考えたりすることもありますが、日常生活のほとんどは日本語の力で考えています。

 その考える力である日本語力のもとになるものが、読書と対話です。
 小学123年生で、学校の成績は同じぐらいであっても、読書力が違うことがあります。
 学年が上がるにつれて学力が伸びるのは、読書力のある子です。

 だから、ひとことで言えば、小学123年生の時期は、勉強よりも読書を優先するぐらいでいいのです。

 読書のほかには、お父さんお母さんとの知的な対話、暗唱の練習、生き物を飼うことなどが、子供の成長に役立ちます。

 特に、犬や小鳥など、人間とコミュニケーションのとれる生き物が家族の一員になると、子供の幸福感が育ちます。

 ただし、生き物を飼うときは、親がその生き物の買い方をよく研究しておくことが大切です。
 犬はかわいい動物ですが、幼児期のしつけがうまくできないと、かえって困ることがあります。

 住宅環境によって、生き物が飼えないときは、自然の生き物と接する機会を作ることです。

 ベランダに、ミカンを輪切りにしておいておけば、やがてメジロがやってきます。
 パンくずやご飯の残りを置いておけば、すぐにスズメが来るようになります。
 カラスやハトが一緒に来る場合は、スズメだけが入れる大きさの金網を上に置いておけば、スズメだけがのんびり餌を食べることができます。

 1年たって、子スズメの世代になれば、スズメたちは人間が近くに来ても逃げないようになります。
 スズメ用の巣箱を作ってやれば、ほとんどペットと同じ感じになります。


 家庭生活は、できるだけ笑顔で過ごすことです。
 その役割の大きな部分は、やはりお母さんです。

 人間の生きる目的のひとつは、幸福に生きることです。
 そのためには、お母さんが怖いお母さんにならないことが最も大切なのです(笑)。


 低学年から学力の基礎を作る
幼長、小1、小2、小3の基礎学力をひとつの講座で学ぶ。
読書の習慣、国語算数の勉強、暗唱の学習、創造発表の練習をオンラインで。


コメント欄

森川林 2024年3月6日 9時39分  
幼児期や小学校低学年のころは、何でも吸収できます。
しかし、この時期に、知識を吸収させるのではなく、言葉の力を育てておくことが大切です。
読み聞かせは、子供の考える力を育てますが、子供が読み聞かせを選べることが大切です。
テレビやビデオやYouTubeやオーディブルなどで無理やり読み聞かせを続けると、言葉と感情が結びつかなくなる可能性があります。


コメントフォーム
未来の子育て、未来の学力(その2)――幼児期の過ごし方、小学123年生の過ごし方 森川林 20240306 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
すせそた (スパム投稿を防ぐために五十音表の「すせそた」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 未来の教育(31) 
コメント1~10件
優しい母が減っ 森川林
 娘さんの友達から怖がられているというお母さん、コメントあり 5/8
優しい母が減っ 娘の友達
娘は中3。私は自称甘い母親です。世の中の厳しい先輩ママたちか 5/7
学習グラフのペ 森川林
言葉の森の今後の方針は、デジタルなデータをアナログで送信する 5/6
森リンベストの 森川林
じすけ君、ありがとう。 統合失調症のような、また似たような 4/21
森リンベストの じすけ
こわばんは 今日は元気一杯、体験発表をさせて頂きます。 4/20
国語読解問題の 森川林
 あるとき、高3の元生徒から、「国語の成績が悪いのでどうした 3/28
今日は読書3冊 森川林
苫米地さんの「日本転生」は必読書。 3/25
共感力とは何か 森川林
言葉の森のライバルというのはない。 森林プロジェクトで 3/23
3月保護者懇談 森川林
 いろいろ盛りだくさんの内容ですが、いちばんのポイントは、中 3/22
中学生、高校生 森川林
 意見文の書き方で、もうひとつあった。  それは、複数の意 3/14
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
臨死体験で見た 森川林
臨死体験で見た「宇宙の真実」とは?【山納銀之輔さん前編】 5/28
Re: 読解検 森川林
 いい質問です。  このように質問する人は、国語の力がつく 5/23
読解検定4月中 あうせれ
問8のAが×だと思いました。←設問には「急に熱心になった」と 5/22
言葉の森のホー 森川林
言葉の森のホームページについて、わかりにくいだの何だのと言っ 5/22
5月保護者懇談 森川林
シラン ●学習グラフの見方  学習グラフ 5/22
未来の歴史の教 森川林
未来の歴史の教科書には、 「この時代の子供たちは、みんな、 5/18
言葉の森のYo 森川林
言葉の森のYouTubeチャンネルの登録者数が、1000人を 5/17
通学が普通、通 森川林
通学が普通、通信はおまけ、 オンラインは特殊な例外(笑)と 5/15
ブンブンドリム 森川林
 ブンブンドリムが、「31年の実績」と書いていたので、   5/15
基礎学力、総合 森川林
 勉強は、家庭学習で十分。  しかし、勉強の進捗状況をチェ 5/13

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習