ゲストさん ログイン ログアウト 登録
オンライン教育の二つの形態と、それを超える新しいオンライン5人クラスの教育(5) Online作文教室言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4247番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/9/28
オンライン教育の二つの形態と、それを超える新しいオンライン5人クラスの教育(5) as/4247.html
森川林 2021/04/23 21:19 

 第五に、5人程度の少人数をオンライン教育では、生涯の学び友達ができる可能性があることです。
 オンライン5人クラスには、現在、いろいろな種類の講座といろいろな学年のクラスが用意されています。
 それらのクラスの中で、何年間も一緒に勉強する友達ができる可能性があります。
 今のところ、対象学年は小1から中3までの9年間ですが、今後はもっと下の学年からもっと上の学年まで期間を延ばせるようにする予定です。

 そして、同時に保護者である母親どうしも、毎月の懇談会の中で自然に親しい交流ができるようになります。

 これが多人数の双方向オンライン教育であれば、そもそも一緒に勉強するとしても交流自体が少ないので、生涯の友達ができるような機会は少なくなります。

 一緒に学ぶ中で得た友達は、将来子供たちの大きな財産になります。
 それは、長い期間の交流によって、互いに相手を信頼できるようになるからです。
 気心が知れている友達で、共通の思い出があり共通の仲間がいるということが、その信頼関係をさらに深めます。
 また、勉強を通して交流した友達ですから、前向きに学んだ者どうしとして、社会人になってからも互いによい相談相手になるようなこともあるでしょう。

 そもそも学校生活で最も価値があるものは、勉強した内容でも、教えてくれた先生でもなく、一緒に学んだ友達であることが多いものです。
 その友達作りが、よりよい学校に進学するという一つの動機にもなっています。
 それをオンラインの教育で自然に達成できるということが、オンライン5人クラスでの教育の利点です。


 以上、自主学習、発表、創造、対話、友達作り、保護者の交流などがオンライン5人クラスの長所だということを説明しました。
 これは、多人数の双方向オンライン教育では達成できないことです。
 同じく、リアルな教室の教育でも達成できません。なぜなら、リアルな教室で少人数の同学年の生徒を集めるというのは物理的にかなり困難だからです。

 では、今後、少人数のオンライン教育が多数生まれるだろうかというと、それは難しいところがあります。

 小さな組織であれば、少人数オンラインクラスを立ち上げることはすぐにできます。
 しかし、教科数を増やしたり学年を増やしたりするためのシステムを作ることは、普通はなかなかできません。

 逆に、大きな組織では、講師の臨時の休講や代講、生徒の振替などのさまざまな手作業の仕組みが必要になるので、かえって導入が難しくなります。
 また、既に多人数の双方向の教室やリアルの教室を持っているところでは、オンラインの少人数のクラスを立ち上げることは、従来の教室運営とぶつかる麺が出てきます。

 教育関係以外のベンチャー企業が、独自のシステムを作ってオンラインの少人数クラスを始めることはあり得ますが、教育の内容面のノウハウや独自性がないので、なかなか信頼を得るものにはなりにくいでしょう。

 したがって、すでに教育上のノウハウを持ち、オリジナルの教材や教科を持ち、優秀なスタッフもそろえている言葉の森が、オンライン教育の分野で他の塾や学校と競合することは、今のところほとんどないと言っていいでしょう。
 そして、何よりもオンライン教育のビジョンを明確に持っているという点が、その他のオンライン教育とは決定的に違うところです。

 GIGAスクール構想による1人1台端末の時代にもかかわらず、オンライン教育はまだリアルな教育の真似事でしかないという一般的な風潮の中で、言葉の森のオンライン5人クラスは、オンライン教育全体の世界から一歩進んでいる教室なのです。

 このオンライン教育の今後のネックとなるものは、多数の優秀な講師陣です。
 それは、明るい人柄を持ち、子供たちは励ますことのできる、人間味のある講師陣ということです。
 この講師を、今後森林プロジェクトの企画の中で募集していきたいと思っています。
(つづく)
9月28日(火)17:00~9月30日(木)サーバー移転のため言葉の森のサイト及びメールは使えません。
お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。電話0120-22-3987まるいにわふたつさくはな(045-830-1177)
なお、9月28日(火)17:00~20:00のZOOM会場は、メールでお知らせしています。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンライン教育(0) 

コメント欄

森川林 2021年4月23日 21時40分  
 子供たちは、教科書で学んだり、先生に教えてもらって学んだりするよりも、何よりもクラスの友達というコミュニティの中で学ぶのです。
 だから、勉強には、一緒に学ぶ友達という要素が必要です。
 ところが、多くのオンライン教育は、そういうところまで考えていません。
 だから、今のオンラインの授業は、子供たちには不評なのです。



nane 2021年4月23日 21時45分  
 言葉の森は、40年も前から開いている作文教室ですが、ほとんどの生徒が電話通信で先生と直接話すだけでしたので、友達どうしの交流というものがほとんどありませんでした。
 ところが、今のオンラインクラスは、最初から友達どうしで交流する要素を取り入れて勉強を勧めています。
 だから、今後、このオンラインクラスから、生涯の友達も生まれてくると思います。


コメントフォーム
オンライン教育の二つの形態と、それを超える新しいオンライン5人クラスの教育(5) 森川林 20210423 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
きくけこ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「きくけこ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~5件
とりづくし auso
ゆめちゃん、久しぶりに見ました。 いつもかわいいね 9/19
創造力思考力を 森川林
 実は、うちの子二人も、言葉の森を始めたのは、小学1年生の1 9/18
オンライン五人 森川林
オンライン五人クラスという教育プラットフォームは、運営の仕方 9/10
明日9月10日 nane
 今回の主なテーマは、国語読解の話になると思います。  国 9/10
明日9月10日 森川林
 オンラインサロンは、現在の時事的な教育上のテーマについて話 9/10
……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■オンライン教育の二つの形態と、それを超える新しいオンライン5人クラスの教育(4) 4月22日
■4月4週オンラインクラス保護者懇談会資料 4月22日
■オンライン教育の二つの形態と、それを超える新しいオンライン5人クラスの教育(3) 4月20日
■オンライン教育の二つの形態と、それを超える新しいオンライン5人クラスの教育(2) 4月19日
■オンライン教育の二つの形態と、それを超える新しいオンライン5人クラスの教育(1) 4月18日
……前の5件
RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
講師のブログ
代表プロフィール
森川林日記
中根facebook

Zoomサインイン
ソースネクスト






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス