ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 未来のコミュニティ学習――現在の社会の問題と未来の展望 Online作文教室言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4337番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/10/23
未来のコミュニティ学習――現在の社会の問題と未来の展望 as/4337.html
森川林 2021/09/17 22:11 


●動画:https://youtu.be/TxlQPC5N6lE

 今日は、ちょっと未来のことを考えてみました。

 今から問題になると予想される分野は、第一にコロナ第六波、第二に経済破局、第三に戦争やテロ、第四に自然災害です。

 逆にプラスの面で予想されることは、ベーシックインカムの普及、医療技術の革新、フリーエネルギーの開発、心眼力想念力など人間の意識力の発達、などです。

 プラスの話は空想的になってしまうので省略しますが、大きく言えば、各人が自分の好きなことをする時代になり、人生の目的は、幸福、向上、創造、貢献になるということです。
 そのため、出会いや触れ合いや交流が大きな価値を持つようになり、さまざまなことがこの新しい価値観に関連づけられるようになるでしょう。

 マイナスの意味で語られる今日の社会の問題は、もっと具体的です。

 コロナ第六波は、早ければ年内に来るでしょう。
 しかし、ワクチンの効果のなさは、既に多くの人が知るところとなっています。
 最初は、ワクチン接種が60%ぐらいになれば集団免疫ができると言っていたのが、その話はいつか言われなくなり、そのうち、接種率がもっと上がらないとだめだとか、2回の接種では不十分だから3回目が必要だとか、話にどんどん尾ひれがつき(という言い方は、こういう場合はしないと思いますが)、今後もたぶん、3回では不十分だから4回目も5回目も半年ごとに定期的に接種しないとだめだ、というような方向に進むと思います。
 そして、次第に多くの人が、今回のコロナ騒動とワクチン強制のインチキぶりに気づき、そしてやがてコロナ第六波は自然に終息していくのです。

 もうひとつの大きな問題は、アメリカ経済の破綻とそれに伴う全世界への影響です。
 中国にも経済的な大きな問題がありますが、問題が具体的に現れるのはアメリカが先になるでしょう。
 アメリカ経済の破綻は、日本をはじめとして世界の経済を巻き込みます。
 しかし、逆説的に言えば、この混乱のあとに、新しいもっといい社会ができていくのです。

 問題の第三は、戦争とテロでしょう。
 ある程度差し迫った問題は、中国の台湾侵攻、尖閣列島侵略です。
 しかし、少し長い目でみると、こういう侵略行為によって逆に中国は衰退し、最終的には非侵略的で民主的な政権ができるようになると思います。

 問題の第四は自然災害です。
 これは、しばらく前までは、日本が直面する可能性のある最も大きな問題とも言えるものでしたが、その問題は現在では、なぜか小さくなっています。
 たぶん、大きな自然災害は、今後の日本では起こらないと思います。
 ただ、備えは必要ですから、心の準備をしておくことだけは必要だと思います。

 さて、こういう世の中の大きな流れの中で、教育はどうなるかというと、それは次のような方向です。
 ひとつは、知識の詰め込みの教育は後景に退き、代わって、創造と向上と貢献を主眼にした教育に変わっていくということです。

 また、教育は学ぶ場であるとともに、コミュニティの場にもなり、子供たちの教育のかなりの部分は、子供たちどうしの交流の中で生まれるようになっていきます。

 この教育の大きな方向を名付ければ、コミュニティ教育とも言えるものです。
 江戸時代に、子供たちが、なぜ退屈とも思える素読や暗唱や習字を熱心に続けていられたかというと、そこに寺子屋というコミュニティがあったからです。
 今でも、子供たちが塾に通うひとつの大きな動機は、塾の勉強ではなく、行き帰りに友達とお喋りができることにある、というのと同様です。

 言葉の森のオンラインクラスは、このコミュニティ育成にちょうど合った仕組みが作れます。
 その日の授業が終わったら、子供どうしがチャットで連絡しあい、次の授業が始まるまでの15分弱の間、自分たちだけのブレークアウトルームでお喋りをするという形です。

 ただ小・中学生は、他人に流されやすいので、15分のお喋りのつもりが延々と続くということも出てきます。
 しかし、そこで、先生や保護者は、このコミュニティを禁止するのではなく、子供たちのコミュニティ・コントロール力を育てるようにしていくのです。

 勉強を通してできたコミュニティは、長く続きます。
 子供たちが、小中高の勉強を卒業して、大学生や社会人になっても、そのコミュニティは残ります。
 だから、これは、コミュニティ学習というよりも、同窓学習と呼んでもいいと思います。

 創造的な勉強と、その勉強を通してのコミュニティと、更にそのコミュニティを生かす形のサマーキャンプや遠足などリアルな交流が、未来の子供たちの生活の中心になってきます。

 それは、今日の社会が最初に述べたさまざまな問題と、未来のさまざまな可能性を持っているからこそ言えることなのです。
国語力がつく、国語読解クラスの無料体験学習受付中!
10月13日(水)~11月10日(水)、国語読解クラスの無料体験学習を受け付けてます。
詳細は→こちらをごらんください。不明な点は、お電話でお気軽にお聞きください。電話 0120-22-3987
mori7.netはmori7.comに統合しました。ブックマークの変更をお願いします。mori7.net/abc.php→mori7.com/abc.php
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
未来の教育(31) 

コメント欄

コメントフォーム
未来のコミュニティ学習――現在の社会の問題と未来の展望 森川林 20210917 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
はひふへ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「はひふへ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~5件
暗唱のコツは早 森川林
 今度暗唱コンクールがあります。 10/9
暗唱のコツは早 111
頑張って九月ばかりと仁和寺にある法師覚えます‼️ 10/8
失敗 auso
ゆめちゃん最強。 だから、盗み食いしなければいいのに!それ 10/7
失敗 森川林
これは傑作(笑)。 10/5
とりづくし auso
ゆめちゃん、久しぶりに見ました。 いつもかわいいね 9/19
……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■全国学力テスト、及び、公中検模試の申込受付中(9月15日締め切り) 9月13日
■オンライン五人クラスという理想的な教育プラットフォーム 9月10日
■明日9月10日(土)10:00からオンラインサロン 9月10日
■国語読解クラスの受講案内――授業の有料体験学習ができます 9月8日
■読書の調査と不登校の調査を見て思ったこと 9月5日
……前の5件
RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
講師のブログ
代表プロフィール
森川林日記
中根facebook

Zoomサインイン
ソースネクスト






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習