ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 作文が書けない子にどう書かせるか Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4484番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2022/7/2
作文が書けない子にどう書かせるか as/4484.html
森川林 2022/06/18 08:36 


●動画:https://youtu.be/5qAZbFStm48

 作文が書けない子がいます。
 ひとつ、低学年で書けない子です。

 これは、学校の作文指導に問題があります。
 学校では、たぶん、みんなに一斉に作文を書かせて、書けたか書けないかを見るだけです。
 書けない子にどう指導するかということはありません。

 作文が書けない最も大きな原因は、本を読んでいないことです。
 だから、その子には、作文を書かせるよりも、まず本を読ませることなのです。

 しかし、そういう子でも、とりあえず作文を書かせる方法はあります。
 それは、お母さんでも、先生でもいいのですが、途中までその子が書く文章を言ってあげることです。
 これを本格的にやるとすれば、親子作文です。
 この方法で、誰でもすぐに作文を書けるようになるし、作文を書くことが楽しくなります。

 もうひとつは、高学年でうまく書けない子です。
 高学年で要求される作文は、生活作文ではなく、説明文や意見文です。
 高学年で書けなくなる原因は、説明文や意見文の本を読んでいないことです。

 小学4年生のころまで出来事中心の作文を上手に書いていた子が、中学生の意見文になると、途端に書けなくなるということがあります。
 それは、その子が、中学生が読むのにふさわしい本を読んでいないからです。

 逆に、小学生まであまり上手に作文を書けなかった子が、中学生以降にどんどん上手に書けるようになることもあります。
 それは、その子が、説明文や意見文の本を読んでいたからです。

 誰でも、作文を書くという表面的なところに目を向けがちですが、大事なのは、作文を書く土台に目を向けることです。
 作文は、表面に出た結果にすぎません。大事なのは、その内側にある原因の方なのです。

 表面に出た結果だけ見て直そうとすれば、作文が苦手になります。
 しかし、作文指導のほとんどは、結果を直す作文です。それが赤ペン指導です。
 だから、直せば直すほど、作文が苦手になっていくのです。

 高学年で作文を上達させるには、まず難しい説明文の本を読みこなせるようにすることです。
 それが、国語読解クラスの問題集読書です。

 しかし、低学年の場合は、国語読解クラスの問題集読書よりも、まず日常生活の読書の量を増やすことです。
 子供が読書をいやがるときは、親の読み聞かせです。

 幼児のときの読み聞かせというのは、誰でもやっています。
 大事なのは、小学生になっても、その子に応じた読み聞かせを続けていくことです。
 この読み聞かせをせずに、子供が自分で読める程度の絵の多い本ばかり読ませていても、読書力、作文力はつきません。

 気の長い話ですが、目安は半年です。
 半年、毎日読み聞かせを続けていれば、必ず読書も作文も変わってきます。

 親は、忙しいことを理由にすべきではありません。小学校低学年の時代は、通り過ぎればほんのわずかです。
 この時期にがんばることが、あとになって生きてくるのです。


日本の作文教育の草分け、オンライン4人クラスで学ぶ言葉の森の無料体験学習
オンライン少人数クラスで力がつく。自主的、創造的な学力を育てる言葉の森。
作文国語読解算数数学英語公中受験創造発表プログラミング基礎学力親子作文
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

コメント欄

森川林 2022年6月18日 16時25分  
 作文を書けない子が増えています。
 しかし、それは作文が書けないのではなく、実は読書をしていないということなのです。
 もし、読書をしているのに作文を書けないという子がいたら、それは教え方によって1日で書けるようになります。
 作文を書く力は、表面に出た結果です。
 本当の問題は、内側にあります。


コメントフォーム
作文が書けない子にどう書かせるか 森川林 20220618 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
にぬねの (スパム投稿を防ぐために五十音表の「にぬねの」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 
新着コメント1~5件
公立中高一貫校 森川林
受験勉強は答えのある世界ですから、答えを見るというのがいちば 6/28
公立中高一貫校 kana
初めて質問させていただきます。 先に答えを見る勉強法は、国 6/28
日本の作文教育 森川林
 これまでの作文指導でわかったことは、作文の通信教育には、も 6/27
web3.0時 森川林
 web3.0時代の教育とは、勉強ができるのはもちろんいいこ 6/24
公立中高一貫校 森川林
 公立中高一貫校に限らず、受験勉強には共通する勉強法がありま 6/22
……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■難読で頭がよくなる――物語文の本よりも説明文の本に重点を置いて読む 6月17日
■子供たちに必要なのは発言と交流の場――創造的な学力を育てることがこれからの教育の目的 6月16日
■プログラミングの授業は、テキストに沿って――プログラミングは、知的好奇心を育てる学習 6月15日
■作文力のない子に、いくらていねいな添削をしても上達はしない――では、どうしたらいいのか。 6月14日
■小学校低学年の読書力が本当の学力――小学1年生の読書は自分で読ませるよりも読み聞かせを 6月13日
……前の5件
RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
講師のブログ
代表プロフィール
森川林日記
中根facebook

Zoomサインイン
ソースネクスト






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習