ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4622番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/2/23
12月の読解検定の解説と答えの一部訂正 as/4622.html
森川林 2023/01/22 08:48 
 12月の読解検定で、質問のあったものを載せます。
 こういう質問をする人は、みんな、国語の成績がよくなります。
 答えに納得できないときは、いつでも質問をしてください。

■12月の小3の問1

○ A 清作がやけどをした当時、くっついた指をなおせる医者はどこにもいなかった。

 これは、そのまま○です。

× B 清作の両親は寝る間を惜しんで働いた。

 父親は大酒飲みで働かなかったと書いてあり、「両親」というところが違うので×です。

■12月の中2の問1

× A 役に立つ語学を求める声は、まず、実業界からあがってきた。

★これは、答えの間違いで、○です。
 該当する人の点数はあとで修正しておきます。
 どうもすみませんでした。

× B 社会的水準があがるにつれ、実学的な語学は求められなくなる。

 「社会的水準が上がれば上がるほど、語学に対してもきびしい実用性を求めるようになる。」と本文にかかれているので×です。

■12月の中2の問2

○ A 日本の語学教育が役に立たないのは、明治期の実学的な面が根強く残っているからだ。

 欧米に追いつくために「読む英語」が求められたのが明治時代。
 それを批判するかたちで「書いたり話したりできる英語」が求められているのが現代。
 しかし、どちらも、明治時代からの実学的発想から抜け出ていないという内容なので○です。

× B 実用性が求められている今こそ、語学は文化の学問として新生するチャンスだと筆者は捉えている。

 「語学は文化の学問として新生するチャンス」というところは合っているが、その前提として書かれている「実用性が求められている今こそ」が違っているので×です。

■12月の高2の問3

○ A ニュートンは、色彩には境界が必要だということを見落としていた

○ B ゲーテは、補色の中に、人間経験としての色彩を見た

 補色という言葉は、色彩という言葉の部分集合なので、「人間経験としての補色」∈「人間経験としての色彩」でBは○となります。

■12月の高2の問7

○ A ファの音は、常に半音下がってミに向かおうとする性質がある

 本文に、「鍵盤上のすべての音は、音の高さ以外はまったく均質であるはずなのに、いったん調性が与えられると、どの音もそれぞれ異なった未来指向性を示すようになる」とあるので、「常に」ではないのではないかという声がありました。
 しかし、調性というのは結局、音の流れというような意味なので、これは「ファは常にミに向かおうとする」でAは○です。

× B シにはドに対する指向性があるので、シを少しドから離して弾く傾向になる
 12月の読解検定で、質問のあったものを載せます。
 こういう質問をする人は、みんな、国語の成績がよくなります。
 答えに納得できないときは、いつでも質問をしてください。

■12月の小3の問1

○ A 清作がやけどをした当時、くっついた指をなおせる医者はどこにもいなかった。

 これは、そのまま○です。

× B 清作の両親は寝る間を惜しんで働いた。

 父親は大酒飲みで働かなかったと書いてあり、「両親」というところが違うので×です。

■12月の中2の問1

× A 役に立つ語学を求める声は、まず、実業界からあがってきた。

★これは、答えの間違いで、○です。
 該当する人の点数はあとで修正しておきます。
 どうもすみませんでした。

× B 社会的水準があがるにつれ、実学的な語学は求められなくなる。

 「社会的水準が上がれば上がるほど、語学に対してもきびしい実用性を求めるようになる。」と本文にかかれているので×です。

■12月の中2の問2

○ A 日本の語学教育が役に立たないのは、明治期の実学的な面が根強く残っているからだ。

 欧米に追いつくために「読む英語」が求められたのが明治時代。
 それを批判するかたちで「書いたり話したりできる英語」が求められているのが現代。
 しかし、どちらも、明治時代からの実学的発想から抜け出ていないという内容なので○です。

× B 実用性が求められている今こそ、語学は文化の学問として新生するチャンスだと筆者は捉えている。

 「語学は文化の学問として新生するチャンス」というところは合っているが、その前提として書かれている「実用性が求められている今こそ」が違っているので×です。

■12月の高2の問3

○ A ニュートンは、色彩には境界が必要だということを見落としていた

○ B ゲーテは、補色の中に、人間経験としての色彩を見た

 補色という言葉は、色彩という言葉の部分集合なので、「人間経験としての補色」∈「人間経験としての色彩」でBは○となります。

■12月の高2の問7

○ A ファの音は、常に半音下がってミに向かおうとする性質がある

 本文に、「鍵盤上のすべての音は、音の高さ以外はまったく均質であるはずなのに、いったん調性が与えられると、どの音もそれぞれ異なった未来指向性を示すようになる」とあるので、「常に」ではないのではないかという声がありました。
 しかし、調性というのは結局、音の流れというような意味なので、これは「ファは常にミに向かおうとする」でAは○です。

× B シにはドに対する指向性があるので、シを少しドから離して弾く傾向になる


 国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく
国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく。

コメント欄

コメントフォーム
12月の読解検定の解説と答えの一部訂正 森川林 20230122 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
せそたち (スパム投稿を防ぐために五十音表の「せそたち」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読解力・読解検定(0) 
コメント11~20件
……前のコメント
自習室の利用を aeka
自習室はどんどんと進化していきますね!!助かります。ありがと 1/24
塾が忙しくなる 森川林
子供たちの成長の過程で、最後に残る自信は、忙しくても続けたも 1/24
自習室が利用し aeka
ありがとうございます! 1/19
自習室が利用し 森川林
あえかわさん、ありがとうございます。 これから、みんなにも 1/19
自習室が利用し aeka
いつもありがとうございます。 私はよく自習室を利用していま 1/19
言葉の森の作文 森川林
 作文小論文試験の新しい評価の仕方は、AIによる評価です。小 1/19
【合格速報】秋 らっこ
合格おめでとうございます。  目標を定め、決めたことを必ず 1/15
ChatGPT 森川林
 世界では、ChatGPTを使って学生がレポートなどを作らな 1/13
プログラミング 森川林
 プログラミングクラスに参加する子は、男の子がほとんどなのは 1/11
【合格速報】秋 sasa
 合格おめでとうございます!  小学校二年生から作文を担当 1/10
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
2月保護者懇談 森川林
●勉強力の基準は、読書力、暗唱力、創造発表力  学校の 2/22
インターナショ 森川林
 インターナショナルスクールに行った方がいいか、日本人の学校 2/22
齋藤孝さんは将 森川林
齋藤孝さんは将棋の駒  自分で何かを考えているわけではない 2/21
Re: 標準算 森川林
 追加の説明を入れておいた。 https://www.mo 2/12
標準算数小5の 森川林
 先生の以前の説明は勘違い。  小学生は、まだ方程式を習わ 2/12
ChatGPT 森川林
ChatGPTでプログラミングも簡単にできるようになるし、本 2/12
水瓶座は、古い 森川林
 水瓶座は、古いものを捨てて新しいスタートを切る時代に。 2/10
タッカー・カー 森川林
 タッカー・カールソンのプーチンに対する2時間のロングインタ 2/10
Re: 標準算 森川林
 前の記事に書いておいたけど、これは、答えのミスじゃないかな 2/9
Re: 標準算 森川林
 お返事遅れて失礼。  これは、答えのミスじゃないかなあ。 2/9

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習