ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4963番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/4/14
作文力の土台は読書力。国語力の土台も読書力。思考力の土台も読書力。勉強している暇があったら、本を読んでいた方がいい。 as/4963.html
森川林 2024/02/04 09:06 


キヅタ

 いまだに、読書では国語力はつかないと言っている人がいます。
 そういう人は、難しい本を読んだことがない人です(笑)。

 難しい本というのは、岩波文庫の青帯白帯の本ですが、今はもっといい本もたくさんあります。


 読書には、いろいろな幅があります。

 ライトノベルのような本をたくさん読んでいれば、ライトノベルのような作文は書けます。
 ライトノベルのような読解問題は、解けるようになります。
 読むことは、書くことと問題を解くことの土台になっています。


 入試問題は、ライトノベルのレベルよりも上の文章が出てきます。
 問題文は、大きく名作の物語文と、説明文に分かれますが、大事なのは、説明文をしっかり読む力をつけておくことです。


 しかし、小学校低中学年で、入門的な説明文の本を読むことには多少問題があります。
 説明文の本は、熱中して読むということがないからです。
 薬を飲むように、義務感で読むような読み方をする子も多いのです。

 同様に、「○年生で読む名作」のような本も、子供の読む力はつけません。
 短編を断片に読むのではなく、1冊の本を熱中して読むことが大事です。


 読書好きな人は、子供のころ、読むのが止まらなくなって、寝る時間も惜しんで読んだという経験があると思います。
 読書は、熱中して読むことが大事なのです。


 アマゾンで、「子供 科学 話」などと検索すると、小学生が読める説明文の本がいろいろ出てきます。

 こういう本で大事なことは、知識が羅列されているような文章ではなく、原因や方法という理屈が書かれている本を選ぶことです。

 ただ、それは読んでみるまでは、わからないですから、子供がその本を読んでいる様子を見ることです。
 熱中できる本、繰り返して読む本が、その子供にとってよい本です。


 小学校低学年の子にとって、「かいけつゾロリ」のような本はよい本です。
 品の悪い話も多いですが(笑)、文章が説明的なので読む力がつきます。

 小学校中学年の子にとって、「宇宙人のいる教室」もいい本です。
 ほとんどの子が一日で読み終えます。

 小学校高学年の読書好きな子にとって、「モモ」や「はてしない物語」は、いい本です。
 自分のことのように没頭して読む子もいると思います。

 私は、高校生のころは、三一新書という今はもうない新書判の本を読んでいました。
 今の高校生は、ちくまプリマー新書岩波ジュニア新書のようないい本があるので、それらを読んでいくといいと思います。

 大学生にとっては、個人的にはヘーゲルがいい本ですが、これは難しいです。
 私は、「ヘーゲル精神現象学の生成と構造」を読むまで、よく理解できませんでした。


 もし子供がそれらの本を熱中して読まないとしたら、その子の読書力がまだそこまで達していないということです。

 大事なことは、子供に話しかけても聞こえないぐらい熱中できる本を、子供時代にたくさん読ませることです。

 この読書力が、国語力や作文力だけでなく、学力全体の土台になります。
 学力というのは、母語である日本語を自分の手足のように自由に使える力だからです。

====
最新脳科学でついに出た結論 「本の読み方」で学力は決まる
https://www.amazon.co.jp/dp/4413045513/

小中学生4万人の脳解析データが実証した衝撃の「科学的事実」とは!
◎読書習慣がないと、毎日勉強しても成績は平均以下
====

 小学生は特に、勉強している暇があったら、本を読んでいる方がいいのです。


キヅタ

 いまだに、読書では国語力はつかないと言っている人がいます。
 そういう人は、難しい本を読んだことがない人です(笑)。

 難しい本というのは、岩波文庫の青帯白帯の本ですが、今はもっといい本もたくさんあります。


 読書には、いろいろな幅があります。

 ライトノベルのような本をたくさん読んでいれば、ライトノベルのような作文は書けます。
 ライトノベルのような読解問題は、解けるようになります。
 読むことは、書くことと問題を解くことの土台になっています。


 入試問題は、ライトノベルのレベルよりも上の文章が出てきます。
 問題文は、大きく名作の物語文と、説明文に分かれますが、大事なのは、説明文をしっかり読む力をつけておくことです。


 しかし、小学校低中学年で、入門的な説明文の本を読むことには多少問題があります。
 説明文の本は、熱中して読むということがないからです。
 薬を飲むように、義務感で読むような読み方をする子も多いのです。

 同様に、「○年生で読む名作」のような本も、子供の読む力はつけません。
 短編を断片に読むのではなく、1冊の本を熱中して読むことが大事です。


 読書好きな人は、子供のころ、読むのが止まらなくなって、寝る時間も惜しんで読んだという経験があると思います。
 読書は、熱中して読むことが大事なのです。


 アマゾンで、「子供 科学 話」などと検索すると、小学生が読める説明文の本がいろいろ出てきます。

 こういう本で大事なことは、知識が羅列されているような文章ではなく、原因や方法という理屈が書かれている本を選ぶことです。

 ただ、それは読んでみるまでは、わからないですから、子供がその本を読んでいる様子を見ることです。
 熱中できる本、繰り返して読む本が、その子供にとってよい本です。


 小学校低学年の子にとって、「かいけつゾロリ」のような本はよい本です。
 品の悪い話も多いですが(笑)、文章が説明的なので読む力がつきます。

 小学校中学年の子にとって、「宇宙人のいる教室」もいい本です。
 ほとんどの子が一日で読み終えます。

 小学校高学年の読書好きな子にとって、「モモ」や「はてしない物語」は、いい本です。
 自分のことのように没頭して読む子もいると思います。

 私は、高校生のころは、三一新書という今はもうない新書判の本を読んでいました。
 今の高校生は、ちくまプリマー新書岩波ジュニア新書のようないい本があるので、それらを読んでいくといいと思います。

 大学生にとっては、個人的にはヘーゲルがいい本ですが、これは難しいです。
 私は、「ヘーゲル精神現象学の生成と構造」を読むまで、よく理解できませんでした。


 もし子供がそれらの本を熱中して読まないとしたら、その子の読書力がまだそこまで達していないということです。

 大事なことは、子供に話しかけても聞こえないぐらい熱中できる本を、子供時代にたくさん読ませることです。

 この読書力が、国語力や作文力だけでなく、学力全体の土台になります。
 学力というのは、母語である日本語を自分の手足のように自由に使える力だからです。

====
最新脳科学でついに出た結論 「本の読み方」で学力は決まる
https://www.amazon.co.jp/dp/4413045513/

小中学生4万人の脳解析データが実証した衝撃の「科学的事実」とは!
◎読書習慣がないと、毎日勉強しても成績は平均以下
====

 小学生は特に、勉強している暇があったら、本を読んでいる方がいいのです。


 低学年から学力の基礎を作る
幼長、小1、小2、小3の基礎学力をひとつの講座で学ぶ。
読書の習慣、国語算数の勉強、暗唱の学習、創造発表の練習をオンラインで。


コメント欄

森川林 2024年2月4日 9時7分  
齋藤孝さんは、「齋藤孝先生が選ぶ 高校生からの読書大全」などという本を出していますが、こういう本を読んでも、雑学的な知識が身につくだけです。
高校生は、図書館で「ちくま少年図書館」を読むか、ブックオフなどで「ちくまプリマ―新書」を探すのがいいです。

コメントフォーム
作文力の土台は読書力。国語力の土台も読書力。思考力の土台も読書力。勉強している暇があったら、本を読んでいた方がいい。 森川林 20240204 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
かきくけ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「かきくけ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 
コメント11~20件
……前のコメント
未来の子育て、 森川林
 「今は、勉強が大事なのだから、自分のしたいことは大学に入っ 3/8
未来の子育て、 森川林
 かつて、三井三池炭鉱は、日本のエネルギー産業の花形で、安定 3/7
未来の子育て、 森川林
幼児期や小学校低学年のころは、何でも吸収できます。 しかし 3/6
未来の子育て、 森川林
 今の日本の受験勉強は、清朝末期の中国の科挙に似てきています 3/5
朝の10分間読 森川林
 読書は、読む力と理解する力です。  草野球とプロ野球では 3/4
低学年の作文の 森川林
低学年の作文でいちばん大事なことは、題材選びです。 その題 3/3
作文における書 森川林
 作文で大事なのは中身です。  しかし、中身はなかなか進歩 3/2
これからの新し 森川林
 今はまだ、勉強のゴールは、大学入試になっています。  大 3/1
上手な作文とそ 森川林
 上手な作文とそうでない作文の差は、語彙力の差です。  そ 2/29
ChatGPT 森川林
 創造発表の勉強のネックになるのは、個性的なテーマであればあ 2/28
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
単なる作業 森川林
勝海舟は、辞書を買うお金がなかったので、ある人から夜中だけ辞 4/8
勉強は、人に教 森川林
勉強は、人に教えてもらうのではなく、 自分で学べばよい。 4/7
タイマー勉強法 森川林
 勉強も、家事も、仕事も、やらなければならない細かいことがた 4/2
人間の役割 森川林
うちの子が1歳か2際のとき、 車で30分ほどの三浦海岸につ 4/2
舞岡のシラサギ 森川林
舞岡八幡宮に行ったら、帰りにシラサギがいた。 3/29
身体や物理的現 森川林
身体や物理的現実は、時間や空間に限定されているが、意識はそれ 3/29
メジロとか、ヒ 森川林
メジロとか、ヒヨドリとか、スズメとか、ヤマバトとかが、毎日わ 3/28
批判と創造 森川林
人を批判することはたやすい。 大事なことは、批判ではなく創 3/27
ぶんぶんドリム 森川林
また、あるところが、朝小に、作文講座のカラーの全面広告を出し 3/27
卒業する君たち 森川林
 ある季節が終わると、次の季節が始まる。  春が近づくと、 3/27

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習