ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4688番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/21
本当の勉強は、インプットを再現するものではなく、アウトプットのためにインプットをすること as/4688.html
森川林 2023/03/17 14:41 


●動画:https://youtu.be/wsCSlqLJczU

 本当の勉強とは、与えられたものを詰め込んでそれをそのまま再現することではありません。
 今の勉強のほとんどは、詰め込み再現型の勉強になっています。
 先生が教えたことや教科書に書かれていることをそのまま吸収して、テストのときにそのとおりに再現することが勉強だと思われています。

 基礎学力はもちろん大切です。
 しかし、吸収→再現という勉強の仕方は、AIが人間よりももっと正確に素早くやってくれるようになっています。

 だから、今、文章を書くときに、忘れた漢字があっても、誰も「小学校のときにもっと漢字の勉強をしておけばよかったなあ」などとは思いません。
 計算をする必要があったときに、「もっと小学生のときに計算の練習をしておけばよかったなあ」とも思いません。
 吸収→再現のほとんどの部分は、ソフトがやってくれるようになったからです。

 では、人間は何をすべきなのかと言えば、それはアウトプットです。
 もっといい日本語で言うと、人間のすべきことは創造です。

 しかし、新しい何かを世の中に創造するためには、その根底に問題意識がなければなりません。
 問題意識は、今、ここに、自分が身体を持って生きているということがもとになっています。
 つまり、時間と空間と欲望の組み合わせが問題意識を生み出しています。

 AIは、今の段階では、時間や空間や身体と分離された機構です。
 だから、AIは、独自の問題意識を持ちません。
 したがって、AI独自の創造というのもまたありません。
 創造らしいことをすることはあっても、それは人間に委託された創造であって、独自の創造ではありません。

 人間のすべきことは、創造つまりアウトプットです。
 そのアウトプットをするためには、材料となるインプットが必要です。
 それが教育なのです。

 アウトプットが個性的であるように、インプットもまた個性的です。
 基礎となる学力で共通する面はあるとしても、基礎学力のかなりの部分はソフトで代替されるようになっています。

 大事なことは、何をインプットすべきかということではなく、何をアウトプットしたいかということです。
 それぞれの個人の個性に合わせてアウトプットをすることが、未来の教育です。

 この未来の教育の代表的なものは、言葉の森のオンラインクラスで言えば、作文クラスとプログラミングクラスと創造発表クラスです。
 これらのクラスでは、アウトプットが主体となる勉強をします。
 ひとつだけの正解がない勉強が、これからの勉強なのです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
未来の教育(31) 創造力(9) 創造発表クラス(0) 

記事 4687番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/21
AO型の大学入試に対応する力をつけるには as/4687.html
森川林 2023/03/16 17:57 


 AERA.dotにAO型入試と中学受験の話が載っていました。
 これを読むと、現在の入試のおおまかな現状がわかると思います。

「AO型の大学入試を考えたら、私立の中高一貫校に行くべき?」 中学受験のプロが語った私学の裏事情
https://dot.asahi.com/dot/2023031300003.html?page=1

 学習塾は、よく「中高一貫校の受験をしないと、大学入試で不利になる」という宣伝をしていますが、特にそういうことはありません。

 あるとしたら、中高一貫校は数学の先取りができるので、大学入試の数学で高3の1年間は受験に特化した勉強ができるという点です。

 だから、公立高校に進む人は、スタディサプリなどを利用して、数学だけは学校の勉強よりも1年間先に進み、高3の夏休み以降は、志望校の過去問に特化した受験勉強をしていけばいいのです。
 大事なことは、学校や塾や予備校に頼らずに、自分の判断で勉強の方針を決めていくことです。

 中高一貫校は、周りの生徒が同じぐらいの学力なので、よくすると、周囲に引っ張られて自然に勉強するということがあります。
 しかし、悪くすると、成績が下がって落ちこぼれることもあります。
 また、周囲に合わせて低いレベルになることもあります。

 公立中学は、不明朗な内申点があることがいちばんの問題です。
 内容のない宿題や提出物などは、保護者が手伝ってあげてもいいと思います。

 公立中学には、周囲によくできる生徒も、あまりできない生徒もいます。
 そういう多様な生徒のいる中で勉強するのは、将来プラスになります。

 また、学校によっては荒れているところもありますが、中学の勉強は自分ですればいいので、荒れているかどうかは勉強の進み具合には関係ありません。
 すべて、本人次第ということです。

 公立中学は、中3で高校入試があります。
 中学3年生は、勉強の自覚ができる時期なので、この時期に受験があるというのは、生徒の成長に大きく役立ちます。

 反対に、中高一貫校の私立中の場合は、中3のころに中だるみ状態になることもあります。

 だから、中学受験で中高一貫校に行くか、中学受験をせずに公立中に行くかは、すべて中学に入ってからの本人次第です。


 AO型の入試による大学合格者は、すでに全体の半数以上になっています。
 保護者の感覚は、一般入試が主流だった時代のものですから、今の状況を理解しにくいと思います。

 大事なことは、大学入試をゴールとしないことです。
 本当のゴールは、社会に出て、自分らしい仕事をして世の中に貢献することです。

 そう考えると、勉強の方向は、はっきりしてきます。

 基礎学力をしっかりつけておくことは大事です。
 しかし、1点差を争うような過度な成績競争は必要ありません。

 それよりも大事なのは、コミュニケーション力、リーダーシップ、個性的な生き方、創造力、思考力、読書力、当意即妙の発言力、他者への思いやりなどです。
 これらが、本当の実力です。

 しかし、こういう力は、いずれも学校の成績には出てきません。
 直接話をしたり行動したりしていると、自ずから感じられる実力なのです。

 オンラインクラスのよいところは、読書紹介や一人一言などで、誰もが発言する機会があることです。
 その中で、相手の実力を感じ、自分の実力を伸ばすことができます。

 この実力を伸ばす場として、特に有効なのは、作文クラスと創造発表クラスです。
 作文も、創造発表も、学校の成績とは直接結びつかないところが、なぜか共通しています。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験勉強の仕方(0) 

記事 4686番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/21
小学校低学年の作文のポイント――構成、題材、表現、主題、表記のうち、小学校低学年は主に題材と表記 as/4686.html
森川林 2023/03/15 08:08 


 小学校低学年の重点は、題材と表記です。
 小学校中学年は、主に表現です。
 小学校高学年は、主に主題です。
 中学生以上は、主に構成です。

 小学1、2年生のころは、子供は書きたいことを自由に書きます。
 題材を選ぼうという意識が出てくるのは、小学3年生ごろからです。

 小学校中学年になると、面白い話や読まれて価値ある話を書こうとい意識が生まれます。
 その価値ある題材をもとに、表現を工夫して書くことが学習の重点になります。

 しかし、小学校低学年のころは、どういう話が価値ある話かという意識はなく、自分の書きたいことをただ書くだけです。

 だから、小学1、2年生の作文では、「学校でこんなことがあった」「学童であんなことをした」「友達と遊んだ」「○○を見に行った」という、自分が体験した直接的な話が多くなるのです。

 そのため、文章力のある生徒でも、題材が平凡になりがちです。
 子供が成長して、あとで自分が小学校低学年のときに書いた作文を見ても、あまり面白いと思わない日々の長い日記のようなものが題材になっていことが多いのです。

 ここで必要になるのが、保護者の方の工夫です。
 子供は、自分でいい題材を選ぼうという意識がありませんから、お母さんやお父さんが題材を工夫してあげるといいのです。

 例えば、「今度、土曜日に一緒にたこ焼きを作ろうか」とか、「日曜日に、近くの公園で、カエルの卵を見つけに行こうか」とか、「この本の理科実験面白そうだから、今度やってみようか」という題材作りです。
 「○○を見に行こうか」というのは、あまりいい題材になりません。
 親子の対話や子供の直接的な体験が少ないからです。

 作文の題材作りをきっかけに親子の対話が増えると、自然に子供の語彙力も増えてきます。

 親子で話をする機会が多い子は、作文の結びの感想の部分が次第に充実してきます。
 子供の感想でよくあるのは、「とても楽しかったです」「また○○したいです」という結び方です。
 これをもっと個性のある感想にするためには、感想のための語彙力が必要です。
 その語彙力を育てるのが、親子の対話です。

 作文の勉強というと、作文の上で添削してよりよい表現にするようなことを考えがちですが、そうではありません。
 作文の勉強は、作文のアウトプットを直すのではありません。

 作文のアウトプットの土台になる、読むことや経験することというインプットを充実させていくことが大事です。

 作文の題材は、作文を書くときに引き出すものではなく、毎日の生活の中で少しずつ入れておくものです。

 小学校低学年で作文の勉強をしている生徒の保護者の方は、いい題材作りということを意識して毎日の生活を送る工夫をしていってください。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

しげか&みちるママ 20230316  
なねせんせい、質問です。とすると、模試などの書いた作文を書き直したりせず、そのことをはなしあったり、なにか経験に結びるけれるようアドバイスしたり導いたりと考えればよいですか?新6年、受験で作文があります。

森川林 20230316  
 本当は、事前の準備で、似た例を話し合ったり、感想のアドバイスをしたりすればいいですが、模試ではそういうことはできないので、普段の作文でやっていくといいです。
 模試の作文の点数はあまりあてになりません。字数と時間を守り、構成を意識して書いていけば十分です。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 作文の書き方(108) 小学校低学年(79) 

記事 4685番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/21
【合格速報】弘前大学医学部・自治医科大学 as/4685.html
言葉の森事務局 2023/03/14 16:37 
弘前大学医学部・自治医科大学  O.Y.さん

<担当講師より>

 幼稚園の頃から言葉の森で作文を書いていたことが、退会してからも役に立ったと感じることが多かったとおっしゃっていました。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合格情報(27) 

記事 4684番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/21
真の教育改革は、よい先生でもよい教材でもなく、よいシステムを作ることから――現在の集団一斉指導の通学教育は時代遅れに as/4684.html
森川林 2023/03/13 17:52 


●動画:https://youtu.be/6VKpHfCY38o

 日本の教育問題を語る人は多いのですが、それらの人々の共通の弱点は、これまで自分が受けてきた教育の延長で改善点を考えていることです。

 だから、よい教師を採用するとか、よい教材を利用するとか、あるいはこれまで無意味に受け継がれてきた宿題の強制やテストによる競争をやめるとか、そういう提案が出てくるのです。

 それらの提案は、いずれも正しいものです。
 しかし、そこで改善されるのは、その学校だけとか、その地域だけとか、又は、そこの教育長や校長のリーダーシップがあるところだけとかいうことになってしまうのです。

 では、どうしたらいいかというと、根本的な解決策は、江戸時代の寺子屋のように、少人数の生徒を、それぞれの生徒の全体像が把握できる範囲で、固定した先生が見ることなのです。

 勉強の基本は簡単です。
 先生があれこれ教えることは最小限で構いません。
 充実した教材があれば、生徒は自学自習で勉強を進めていけます。
 先生は、その生徒の勉強の進め方をアドバイスし、躓(つまず)いたところだけを見てあげればいいのです。

 しかし、この少人数の生徒指導という授業の仕方は、今の通学式の学校や塾ではまずできません。
 たまたま少人数の授業になることはあるかもしれませんが、システムとして少人数を維持することはできないのです。

 しかも、その少人数の生徒は、同じぐらいのレベルである必要があります。
 通学式の教室で、同レベルの少人数の生徒を集めるシステムはどこにもありません。

 だから、新しい教育は、全国ネットのオンライン教育である必要があるのです。
 オンライン教育の欠点は、リアルな交流ができないことだと言われていますが、その問題は既に解決されています。
 4~5人の少人数のオンライン学習では、通学式の教室よりもはるかにリアルな生徒どうしの交流があります。
 また、場合によっては、年に何回かの遠足や合宿によって、いくらでも実際の交流の機会を作ることができます。
 大事なことは、学習という教育の基本のところで、充実した授業ができることなのです。

 言葉の森のオンラインクラスの中には、作文がよく書ける子だけが同じ学年で集まったクラスがあります。
 作文以外にも、国語や算数数学や英語やプログラミングや創造発表で、よくできる子が自然に集まったクラスがあります。
 こういうクラスでは、自然に授業の中での切磋琢磨が生まれます。

 逆に、作文を書くことが苦手な子だけが集まるクラスも、理屈の上では可能です。
 こういうクラスでは、その苦手さに応じた充実した授業ができます。
 しかし、苦手な子だけのクラスというのは、まだありません。
 いずれ、そういうクラスもできるようになると思います。

 つまり、オンラインクラスでは、同レベルの少人数の生徒が4~5人で交流しながら学ぶ仕組みができるのです。

 これが、システムの力です。
 よい先生、よい教材、よいリーダーは、こういうシステムの上でこそ、本当の力を発揮することができます。

 日本の教育界は、遅れているので、ここで述べたような改革はまずできないと思います。
 だから、言葉の森が、新しい教育の先鞭をつけていこうと思っています。

 そのために、今後、保護者との個別連絡や、クラスごとの発表室連絡などを生かして、多くの方の意見を集め、よりよい教育を作っていきたいと思います。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) オンライン教育(0) 未来の教育(31) 
コメント1~10件
さまざまな勉強 森川林
勉強は、作文と読書と算数数学と歴史を中心にやることです。 6:4
作文力がこれか 森川林
作文力をつけるために必要なのは読書と対話。 出力の前に入力 6/19
作文を書くとき 森川林
 接続語と助動詞は、実は重要です。  中学生や高校生で、文 6/18
国語は、読む力 森川林
国語の力をつけるための音読は、1冊の問題集を繰り返し読むのが 6/16
国語力は、テク 森川林
国語力をテクニックで身につけようという考えそのものがあさはか 6/14
本当の勉強は、 森川林
子供は、自然に成長していれば、みんな時期が来ればそれぞれにが 6/12
これから大学生 森川林
MMさん、ありがとうございます。 これは、10年以上前の記 6/12
これから大学生 MM
先生の書かれていることは今読んでもそのまま通じます。 10 6/11
毎週作文を書く 森川林
作文の勉強というのは、負担の大きい勉強です。 だからこそ、 6/11
読書を阻むもの 森川林
暇なときは読書をすればいいのですが、今は、スマホで情報に流さ 6/10
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
アゴラ、面白い 森川林
アゴラ、面白い ==== 環境原理主義はなぜ「新しいナチ 6/20
Re: 無題 森川林
 こちらで入れ直しておきました。  ×になったところは、お 6/11
無題 笹の葉
まちがって白紙でそうしんしてしまったのでここに記載します。 6/10
岡田斗司夫さん 森川林
岡田斗司夫さんの話が面白い。 【最新動画】2025年問題っ 6/9
同調圧力と方便 森川林
 なぜ、子供を褒めることが大事かというと、子供は褒め言葉に同 6/9
Re: 読会検 森川林
お返事遅れて失礼。 しっかり、読んでいてえらい! 問 6/7
歌はいいなあ 森川林
志村けんと八代亜紀が面白い https://www.you 6/3
大事なのは、結 森川林
大事なのは、結果よりも動機だ。 自分は、日本を守るために仕 6/2
読会検定5月  あかそよ
いつもありがとうございます。 問題3 AB共に、「兄ち 5/31
臨死体験で見た 森川林
臨死体験で見た「宇宙の真実」とは?【山納銀之輔さん前編】 5/28

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習