ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 5027番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/21
3月保護者懇談会資料 as/5027.html
森川林 2024/03/22 07:50 

明け方、えさを待つスズメたち



 3月4週は、オンラインクラスのそれぞれの授業の後半に保護者懇談会があります。
 ご質問などがありましたら、ご自由に担当の先生にお聞きください。
 担当の先生が短時間で答えにくいご質問の場合は、言葉の森事務局からお返事を差し上げます。

●中学生以上の生徒は、Gmailのメールアドレスを取得し、ChatGPTとZOOMのアカウントを取ることをおすすめします

 13歳以上は、Gmailのアカウントが取得できます。
 プロバイダのメールアドレスでは、将来変更する可能性があります。クラウド上のアドレスを取得しておく方が継続できます。
 スマホのアドレスではなく、PCでのアドレスを取得しておけば、応用範囲が広くなります。

●ChatGPTのアカウントをどう使うか

 ChatGPTは、学習に利用できます。(無料)
 特に、英語の学習には使えます。
 数学については、あまり使えません。論理で説明するのではなく、確率で説明しているからです。
 国語、理科、社会の知識を深めるには役立ちます。
 同じ理由で、創造発表の研究を進める際には、かなり利用できます。
 子供が個性的な質問をした場合、親が一緒にChatGPTで聞いてみることをすれば、親子の楽しい知的な対話ができます。
 作文を書くときの調べたデータなどにも利用できます。
 パソコンで書いた作文の修正を頼むこともできます。
 プログラミングがうまく動かない場合など、原因を見つけてくれることができます。
 これから、IT技術は更に進化します。早めに新しい技術に慣れておくことが大事です。

●ZOOMはどう使うか

 これからの学習は、知識の吸収と再現的なものよりも、創造と思考と表現的なものに重点が移っていきます。
 ZOOMのレコーディング機能を使えば、自分の学習の発表を動画でできるようになります。(無料)
 自分で作った動画(10分以内)を発表室に入れることができます。
 将来、総合選抜入試などで、自分の実績をアピールする場合、それまでに作った動画を紹介することができます。
 プレゼンテーションに慣れ、プレゼンテーション力が身につきます。

●作文学習の上達度は、字数と森リン点を目安に、

 作文の勉強が進んでいるかどうかは、字数の推移を見るとわかります。
https://www.mori7.com/oka/sk_tenn.php
 学年の200倍が目標です。
 小1は200字、小2は400字、……、小6以上は1200字が書けていれば、実力は十分にあると考えてください。

 字数が目標を達成している場合は、森リン点を目安にしてください。
https://mori7.com/moririn/moririn_rank.php

 森リンベスト
https://www.mori7.com/moririn/mori_best.php

 小学5年生以上は、できるだけパソコンで作文を入力してください。
 受験作文がある場合は、半年前から手書きに戻せば間に合います。

●知識の詰め込みの時代から、個性と思考力と創造力の時代へ

 大学入試が、大きく変わりつつあります。
 知識中心の入試から、総合選抜型の入試に移行しているからです。
 中学入試、高校入試は、まだ遅れているので、知識中心の入試が主流ですが、大学入試以降は、かなり変わります。
 総合選抜は全大学の50%以上、東北大学では次年度から100%総合選抜入試に。
 高校生時代に、自分の得意分野を伸ばすために、高校では、科学部、生物部、地学部など知的なサークル活動に所属して好きな研究を深めるということも考えていいと思います。

●小学校低学年の子供は勉強よりも、読書と対話と遊び。親がコントールしすぎないことが大事

 言葉の森に小学校低学年で参加する子は、優秀な子が多いです。
 そういう子を見ると、親はつい勉強に力を入れたくなりますが、低学年の時期は勉強よりも、読書と対話と遊びに力を入れることが大事です。
 その理由は、勉強は成績はよくするが頭をよくしないからです。
 頭をよくするのは、読書と親子の知的な対話と自由な遊びです。
 また、小学2年生までに、親がコントロールしすぎた子は、小学4年生ごろから親の言うことに反発するようになります。
 低学年のころは、親の言うことを素直に聞きますが、そのころからできるだけ子供の自主性を尊重するようにしていくことが大事です。

●中学生の学校の成績は、勉強時間に比例する

 中学生の勉強は、難しいものではありません。
 学校の先生によっては、わざと難しい問題を出す人もいますが、教科書に載っている基本を全部マスターしておけば、学力面では何も心配は要りません。
 中学生の成績を左右するのは、単に勉強時間が長いかどうかだけです。
 平日の勉強時間1.5時間、土日の勉強時間2.5時間。定期テストの2週間前からは、平日3.5時間、土日8時間と目標にして、全教科少なくとも80点以上取ることを目指してください。
 しかし、頭をよくするのは勉強ではなく、読書です。
 将来のことを考えて、テスト対策期間以外は、説明文の読書を中心に毎日50ページ以上を目標に読書を続けていきましょう。

●高校生は、総合選抜入試を念頭に置き、自分の個性を学問的に伸ばす時間を

 これからの大学入試は、総合選抜が主流になります。
 成績を上げるだけでなく、自分の個性を学問的に伸ばす時間を作っていきましょう。
 個性を学問的に伸ばすのは、ひとりでは難しいので、サークル活動に入るか、ChatGPTを利用するかしていきましょう。
 ネットをフルに活用すれば、海外のサイトとも交流できるようになります。
 そして、大学入学を勉強のゴールにするのではなく、そのあと社会でどう活躍するか、自分なりのベンチャービジネスをどう立ち上げるかなどを考えながら、勉強を進めていきましょう。

●勉強の基本は家庭学習

 勉強は、塾に行くとか、誰かに教えてもらうとかではなく、家庭でしっかりやっていくことが基本です。
 今は、いい参考書も問題週もそろっています。人に教えてもらう必要はありません。
 ただし、たまに質問をしたいことがあったり、ひとりではやる気を持続しにくいことがあったりすることを考え、基礎学力クラス、総合学力クラス、全科学力クラスを作りました。
 また、作文については、ひとりでは自分自身の評価がわからないので、人に教えてもらう必要があります。
 ほとんどの勉強は、他人に頼るのではなく、自分の力でやれると考えておくことが大事です。
 そして、空いた時間を自分の個性を伸ばすために使うのです。

●これからの世界は激動の時代に

 これからの世界は大きく変わります。
 テレビや新聞を見ているだけでは、世の中の本質的な変化はわかりません。
 最もあてになるのは、書籍です。
 自分の関心のあるテーマについて、アマゾンなどで検索し、関連する本を読んでいくことが大事です。
 YouTubeやSNSは、自分のそれまでの閲覧履歴に合わせて情報が表示されるので、かえって考えが偏る可能性があります。
 本を読んで、信頼できると思った人のYouTubeやSNSを見ることが、役に立つと思います。

明け方、えさを待つスズメたち



 3月4週は、オンラインクラスのそれぞれの授業の後半に保護者懇談会があります。
 ご質問などがありましたら、ご自由に担当の先生にお聞きください。
 担当の先生が短時間で答えにくいご質問の場合は、言葉の森事務局からお返事を差し上げます。

●中学生以上の生徒は、Gmailのメールアドレスを取得し、ChatGPTとZOOMのアカウントを取ることをおすすめします

 13歳以上は、Gmailのアカウントが取得できます。
 プロバイダのメールアドレスでは、将来変更する可能性があります。クラウド上のアドレスを取得しておく方が継続できます。
 スマホのアドレスではなく、PCでのアドレスを取得しておけば、応用範囲が広くなります。

●ChatGPTのアカウントをどう使うか

 ChatGPTは、学習に利用できます。(無料)
 特に、英語の学習には使えます。
 数学については、あまり使えません。論理で説明するのではなく、確率で説明しているからです。
 国語、理科、社会の知識を深めるには役立ちます。
 同じ理由で、創造発表の研究を進める際には、かなり利用できます。
 子供が個性的な質問をした場合、親が一緒にChatGPTで聞いてみることをすれば、親子の楽しい知的な対話ができます。
 作文を書くときの調べたデータなどにも利用できます。
 パソコンで書いた作文の修正を頼むこともできます。
 プログラミングがうまく動かない場合など、原因を見つけてくれることができます。
 これから、IT技術は更に進化します。早めに新しい技術に慣れておくことが大事です。

●ZOOMはどう使うか

 これからの学習は、知識の吸収と再現的なものよりも、創造と思考と表現的なものに重点が移っていきます。
 ZOOMのレコーディング機能を使えば、自分の学習の発表を動画でできるようになります。(無料)
 自分で作った動画(10分以内)を発表室に入れることができます。
 将来、総合選抜入試などで、自分の実績をアピールする場合、それまでに作った動画を紹介することができます。
 プレゼンテーションに慣れ、プレゼンテーション力が身につきます。

●作文学習の上達度は、字数と森リン点を目安に、

 作文の勉強が進んでいるかどうかは、字数の推移を見るとわかります。
https://www.mori7.com/oka/sk_tenn.php
 学年の200倍が目標です。
 小1は200字、小2は400字、……、小6以上は1200字が書けていれば、実力は十分にあると考えてください。

 字数が目標を達成している場合は、森リン点を目安にしてください。
https://mori7.com/moririn/moririn_rank.php

 森リンベスト
https://www.mori7.com/moririn/mori_best.php

 小学5年生以上は、できるだけパソコンで作文を入力してください。
 受験作文がある場合は、半年前から手書きに戻せば間に合います。

●知識の詰め込みの時代から、個性と思考力と創造力の時代へ

 大学入試が、大きく変わりつつあります。
 知識中心の入試から、総合選抜型の入試に移行しているからです。
 中学入試、高校入試は、まだ遅れているので、知識中心の入試が主流ですが、大学入試以降は、かなり変わります。
 総合選抜は全大学の50%以上、東北大学では次年度から100%総合選抜入試に。
 高校生時代に、自分の得意分野を伸ばすために、高校では、科学部、生物部、地学部など知的なサークル活動に所属して好きな研究を深めるということも考えていいと思います。

●小学校低学年の子供は勉強よりも、読書と対話と遊び。親がコントールしすぎないことが大事

 言葉の森に小学校低学年で参加する子は、優秀な子が多いです。
 そういう子を見ると、親はつい勉強に力を入れたくなりますが、低学年の時期は勉強よりも、読書と対話と遊びに力を入れることが大事です。
 その理由は、勉強は成績はよくするが頭をよくしないからです。
 頭をよくするのは、読書と親子の知的な対話と自由な遊びです。
 また、小学2年生までに、親がコントロールしすぎた子は、小学4年生ごろから親の言うことに反発するようになります。
 低学年のころは、親の言うことを素直に聞きますが、そのころからできるだけ子供の自主性を尊重するようにしていくことが大事です。

●中学生の学校の成績は、勉強時間に比例する

 中学生の勉強は、難しいものではありません。
 学校の先生によっては、わざと難しい問題を出す人もいますが、教科書に載っている基本を全部マスターしておけば、学力面では何も心配は要りません。
 中学生の成績を左右するのは、単に勉強時間が長いかどうかだけです。
 平日の勉強時間1.5時間、土日の勉強時間2.5時間。定期テストの2週間前からは、平日3.5時間、土日8時間と目標にして、全教科少なくとも80点以上取ることを目指してください。
 しかし、頭をよくするのは勉強ではなく、読書です。
 将来のことを考えて、テスト対策期間以外は、説明文の読書を中心に毎日50ページ以上を目標に読書を続けていきましょう。

●高校生は、総合選抜入試を念頭に置き、自分の個性を学問的に伸ばす時間を

 これからの大学入試は、総合選抜が主流になります。
 成績を上げるだけでなく、自分の個性を学問的に伸ばす時間を作っていきましょう。
 個性を学問的に伸ばすのは、ひとりでは難しいので、サークル活動に入るか、ChatGPTを利用するかしていきましょう。
 ネットをフルに活用すれば、海外のサイトとも交流できるようになります。
 そして、大学入学を勉強のゴールにするのではなく、そのあと社会でどう活躍するか、自分なりのベンチャービジネスをどう立ち上げるかなどを考えながら、勉強を進めていきましょう。

●勉強の基本は家庭学習

 勉強は、塾に行くとか、誰かに教えてもらうとかではなく、家庭でしっかりやっていくことが基本です。
 今は、いい参考書も問題週もそろっています。人に教えてもらう必要はありません。
 ただし、たまに質問をしたいことがあったり、ひとりではやる気を持続しにくいことがあったりすることを考え、基礎学力クラス、総合学力クラス、全科学力クラスを作りました。
 また、作文については、ひとりでは自分自身の評価がわからないので、人に教えてもらう必要があります。
 ほとんどの勉強は、他人に頼るのではなく、自分の力でやれると考えておくことが大事です。
 そして、空いた時間を自分の個性を伸ばすために使うのです。

●これからの世界は激動の時代に

 これからの世界は大きく変わります。
 テレビや新聞を見ているだけでは、世の中の本質的な変化はわかりません。
 最もあてになるのは、書籍です。
 自分の関心のあるテーマについて、アマゾンなどで検索し、関連する本を読んでいくことが大事です。
 YouTubeやSNSは、自分のそれまでの閲覧履歴に合わせて情報が表示されるので、かえって考えが偏る可能性があります。
 本を読んで、信頼できると思った人のYouTubeやSNSを見ることが、役に立つと思います。


 国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく
国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく。

コメント欄

森川林 2024年3月22日 16時55分  
 いろいろ盛りだくさんの内容ですが、いちばんのポイントは、中学生以上の生徒は、Gmailを取得して、ChatGPTのアカウントとZOOMのアカウントを作ろうということです。もう一つは、小5以上の生徒は、パソコンで作文を書き、森リン点を目標にしようということです。

コメントフォーム
3月保護者懇談会資料 森川林 20240322 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ゆよらり (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ゆよらり」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
懇談会・個人面談(0) 
コメント11~20件
……前のコメント
国語の読解検定 森川林
国語読解の問題は、適当に解いて「当たった」「外れた」と言って 6/9
デジタル教科書 森川林
デジタル教科書という考えがありますが、教科書とか自分の好きな 6/8
国語読解クラス 森川林
 国語力は、知識として身につけるのではなく、国語力を育てる生 6/7
国語力はテクニ 森川林
「国語力をつけるために、特に読書をする必要はない」という耳あ 6/6
リアルな通学教 森川林
 未来の教育は、対話型の少人数オンラインクラスの教育になりま 6/5
クリティカル・ 森川林
西洋には、批判を通して新しい考えが生まれるという弁証的な発想 6/4
優しい母が減っ yori
私の母は、もう中学2年生なのに、スマホをもたせてくれません。 6/3
日本を復活させ 森川林
 日本を復活させる道筋は、創造教育文化国家を目指すこと。 6/1
4月の森リン大 森川林
 大学生や社会人になった元生徒の子供たちが、自分が中学生だっ 5/31
優しい母が減っ 森川林
 娘さんの友達から怖がられているというお母さん、コメントあり 5/8
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
アゴラ、面白い 森川林
アゴラ、面白い ==== 環境原理主義はなぜ「新しいナチ 6/20
Re: 無題 森川林
 こちらで入れ直しておきました。  ×になったところは、お 6/11
無題 笹の葉
まちがって白紙でそうしんしてしまったのでここに記載します。 6/10
岡田斗司夫さん 森川林
岡田斗司夫さんの話が面白い。 【最新動画】2025年問題っ 6/9
同調圧力と方便 森川林
 なぜ、子供を褒めることが大事かというと、子供は褒め言葉に同 6/9
Re: 読会検 森川林
お返事遅れて失礼。 しっかり、読んでいてえらい! 問 6/7
歌はいいなあ 森川林
志村けんと八代亜紀が面白い https://www.you 6/3
大事なのは、結 森川林
大事なのは、結果よりも動機だ。 自分は、日本を守るために仕 6/2
読会検定5月  あかそよ
いつもありがとうございます。 問題3 AB共に、「兄ち 5/31
臨死体験で見た 森川林
臨死体験で見た「宇宙の真実」とは?【山納銀之輔さん前編】 5/28

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習